3D Touchに対応した片手キーボードPROが便利すぎる!

3D Touchに対応した片手キーボードPROが便利すぎる!

iOS
4.71

世界初の3D Touch対応キーボードアプリ「片手キーボードPRO」が中々に面白い3Dフリック機能を備えています。

片手キーボードPROの主な特徴

3D Touch対応の3Dフリックで濁点や半濁点を素早く入力

iPhone6sから搭載された新機能3D Touchに対応した機能として3Dフリック入力ができますが、これはフリック入力した状態でさらに文字キーを押すことで簡単に「゛(濁点)」や「゜(半濁点)」の入力が1アクションで簡単にできます。

片手でキーボード操作のためのカスタマイズができる

iPhone6から大画面になりましたが、その分、手が小さい人にはキーボードの文字入力は大変だったりします。
そこで登場するのが片手でキーボードを入力するためのキーボードカスタマイズです。
特にこれは中々にいいアイデアだと思ったのが、自分の好きな位置や大きさにキーボードを柔軟に調整できる機能で、とても素敵です。

キーボードに背景を設定することも

キーボードの背景に自分の好きな写真を設定することもでき、キーの透明度をうまく調整することで素敵な自分独自のキーボードを作成することもできます。

もちろんカラーの設定や予め用意されたいくつかのフォントの選択などもできます。

その他にも、簡単にできるカーソル移動や変換候補の変換など「プロ」と冠しているだけのことはあり、機能が豊富にあります。お薦めのキーボードの一つです。

今すぐアプリをダウンロード

目次

使い方の目次です。

続きを読む

片手キーボードPROの使い方

キーボードの追加

片手キーボードPROを使うには、アプリをインストールしたらまずはiPhone設定からキーボードを追加して上げる必要があります。
iPhone設定の「一般」を選択します。
設定の一般を選択

続いては「キーボード」を選択します。
キーボードを選択

さらにもう1回「キーボード」を選択します。
もう一度キーボードを選択

ここでは「新しキーボードを追加…」を選択します。
新しいキーボードを追加

やっとここで「片手キーPRO」を選択します。
片手キーPROを選択

フルアクセスの許可

キーボードの追加は終わったのですが、さらにフルアクセスの許可を出してやる必要があります。
もう一度片手キーPROを選択

フルアクセスを許可を「オン」にして「許可」を出します。これで全ての機能が使えるようになります。ちなみに入力したデータを転送することはありません。
フルアクセスの許可を出す

キーボードを使うには、左下にある地球儀のアイコンを順次タップしていくか、長押しで下記のように選択で切り替えることができます。
キーボードの切替

3Dフリック設定

3Dフリックを使うにはアプリ側で設定をオンにしてあげる必要があります。なお、3Dフリックを使うにはiPhone6s以降の端末となります。
アプリ側での3Dフリック使用をオンに

3Dフリックの詳細設定では感度のを設定することが出来ます。色々と試して自分の押しやすい感度に設定しましょう。
3Dフリックの感度

3Dフリックの使い方

3Dフリックの使い方を見てみましょう。

通常のフリックと同じようにキーボードの文字に指を置くイメージで置くと、このように他の文字が表示されます。
指を置くイメージ

そしたら入力したい文字に指をスライドさせます。指は離さずにそのままです。
フリック入力の要領で

指を離さずにそのままさらに画面を押すと、サンプルのように「へ」が「べ」と入力されました。
このように3Dフリックがなされると、下記の画面左端のサンプルのようにキーボードに3Dフリックがなされたというサインが表示されます。
3D Touchによるプッシュ

指を離さずにさらに画面を押すと「べ」が「ぺ」に切り替わりました。
「へ」→「べ」→「ぺ」とこのように3Dフリック入力で簡単に濁点や半濁点の入力ができます。ちなみに「う」は小文字の「ぅ」、「ゔ」と切り替わり、「つ」の場合、小文字の「っ」、「づ」と切り替わります。
さらにもう1回3D Touchによるプッシュ

キーボードのサイズや位置調整

キーボード上部のアイコンをタップするとこのようにキーボードの4隅にドラッグできるマークが表示され、その4隅ドラッグすることで位置や大きさを調整できます。
キーボードの大きさや位置を調整

片手で使いやすい位置や大きさに調整したらキーボード上部のアイコンをタップして作業を完了させます。
キーボードの調整終わったら完了

カーソル移動

キーボード上部の部分を左右にスワイプするとカーソルを簡単に移動させることができます。
カーソル移動

キーボードの端寄せ

キーボードの端をタップすると左右の位置を反転させることができます。
キーボードを片側に寄せる

文節の削除

1文字削除のアイコンを左にすわいすると、簡単に分節を削除することが出来ます。
文節の削除

全角スペース

全角スペースも簡単に入力することができます。「空白」のキーを左にスワイプで全角スペースを入力できます。
全角スペース

変換候補の変更

文字を入力していると間違えたり変換候補がおかしかったりする場合もあるかと思いますが、その場合には矢印キーを左にスワイプすると入力位置を戻ったり、変換候補を変更することができます。
変換候補の変更

トグル入力

入力中の文字で下記のキーをタップするとトグル入力ができます。
トグル入力とは「あ」、「い」、「う」、「え」、「お」を順番に切り替える入力方法です。
トグル入力

カラーテーマの変更

キーボードのカラーテーマを変更することができます。
「ペン」アイコンをタップするとキーボードのカラーを変更することができます。
カラーテーマの変更

予めいくつサンプルがあるので、それをタップすると直ぐに確認することができ、画面左下の「色を調整」のアイコンをタップすると色を調整することができます。
カラーテーマを選択

彩度、明度、色相、透明などを調整することで好きな色をキーボードに適用することができます。終わったら画面左下の「色を選ぶ」で戻ります。
スライドバーを動かして調整

画面右下の「+」をタップすると、調整したカラーパレットを保存することが出来ます。終わったら「ペン」アイコンをタップして作業を完了させます。
タップで追加される

キーボード背景の適用

キーボード背景に好きな写真を設定することができます。

まずはアプリを起動し、「壁紙を選択」を選びます。
iPhone壁紙の選択

カメラロールから写真を選択するとこの画面になりますので、回転、位置調整、ピンチイン・ピンチアウトで画像の拡大縮小を行って調整します。終わったら「完了」をタップします。
壁紙の画像を拡大縮小

そしたら、キーボードを開いて「ペン」アイコンをタップして「色の調整」を選択したら、「キー1、キー2」を選択して「透明」のスライドバーで調整することで程よく背景の写真をキーボードに反映させることができます。透明度は程よくにしておかないと見にくくなります。
透明度を調整して完成

おすすめアプリ! 今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:片手キーボードPRO
  • 販売者: TAWASHI KAMEMUSHI
  • 価格(掲載時): 150円
  • アプリサイズ:71.1MB
  • バージョン(掲載時):2.0.0