マンダラートを進化させたアプリLifeArtが面白い

マンダラートを進化させたアプリLifeArtが面白い

iOS
4.51

アイデア発想するための方法としてマンダラートを利用する方法がありますが、これに時間軸を追加したLifeArtというアプリが中々に面白いアイデアです。

LifeArtの主な特徴

マンダラートに時間軸が加わった

アイデア発想法としてマンダラートというのがありますが、これは縦横3×3マスのマンダラの中央に議題を書き込み、それに関連した内容を周りに8つ書き込んでいき、さらにその書き込んだ内容から新しいマンダラを作成して同様にアイデアを発想するというものです。

このマンダラートにさらに時間軸が追加されたものがLifeArtというアプリです。
カレンダーに自由に無限に発想できる機能がついたとイメージしてもらうといいかもしれません。新しい感覚のカレンダーとも言えるでしょう。

人生や仕事、プライベートで目標を持ち、それを実現したい人、またそれを実現するためのアイデアや発想を手助けしてくれます。
人生をデザインする、そんなアプリとも言えるでしょう。

今すぐアプリをダウンロード

目次

使い方の目次です。

続きを読む

マンダラートアプリLifeArtの使い方

カレンダーへのアクセス許可

アプリを起動するとカレンダーへのアクセス許可が求められますが、許可を出すとiPhoneのカレンダーに登録しているイベントがLifeArtにも表示されます。
カレンダーへのアクセス許可

初めての場合にはこの案内画面が表示されますが、パッと読んだだけでは分からないかと思いますので、とりあえずは「すぐに始める」で次に進みましょう。
すぐに始める

セルとは

通常のアプリが起動した場合、このカレンダーの表示画面になります。パット見、これまで見たことのないカレンダーの表示ですが、下記のように「年、月、週、日」とダイアグラムに並んでおり、例では2015年12月の13日~19日の週、そして15日の火曜日を指していることになります。

個々の枠はセルと呼び、左右にスワイプでそれぞれ変更でき、それによって日付を変更できるのです。

例えば、年のセルを2016にスワイプで変更すると、それに伴って他の「月、週、日」も自動で切り替わるようになっているのです。
時間のダイアグラム

セルの使い方を見てみるために、サンプルで「人生計画を入力してみる」というテーマに沿って作成してみたいと思います。
「MyLife」をタップします。
MyLifeを選択

マンダラ

セルをタップするとこのように縦横に3×3のマンダラが表示されます。
「マンダラ」は「マンダ(目的や目標)」「ラ(達成する)」という意味の言葉となっており、中央のセル「MyLife」という人生の目的を10代から80代の中で達成する、という風に捉えればOKでしょう。

さらにサンプルで20代にやりたい事や目標を入力するために「20’s」をタップしてみましょう。
20'sを選択

再びマンダラが表示されましたが、中央以外は白紙の状態なのでその中に自分のアイデアを書き込むために、そのセルをダブルタップで開いてみましょう。
セルをダブルタップ

ここではやりたい事や目標などを入力していきますが、20代をさらに再分割するために22歳と入力しました。
写真も挿入することができますが、写真そのものが背景全体に掛かり、文字が見難くなる場合もありますので、挿入しない方がいいかもしれません。

文字を入力したら画面を右にスワイプするか、左下の戻るアイコンをタップして戻りましょう。
文字入力

22歳というセルが作成できましたので、他のセルも同様にダブルタップして29歳まで入力していきましょう。
他のセルも入力

29歳まで入力したらサンプルで27歳の目標ややりたい事を入力していきましょう。「27歳」をタップします。
入力したセルをタップ

そうするとやはりマンダラが開きますので、8つの目標ややりたいことを入力していきます。
サンプルではここまでの紹介ですが、さらに例えば「貯金300万円」をタップして、それを実現するためには何をするべきなのかを新しいマンダラに入力していくことで、自分の理想の人生に近づけることができるということです。

入力したら前の画面に戻りますが、中央のセルをタップすると1つ前の画面に、画面を右スワイプか左下の戻るアイコンをタップでトップ画面まで戻ることができます。
前の画面に戻る

セルの削除

セルの削除ですが、セルを長押しするとメニューが、こんなアイコンが表示されますのでゴミ箱までドラッグします。
セルの削除

そしたらこんなアイコンが表示されますので、それをタップすると削除できます。キャンセルしたい場合は、円の外をタップです。
セルの削除確認

セルのカット&ペースト

セルのカット&ペーストは、同様に長押ししてカット&ペーストのアイコンにドラッグします。
カット&ペースト

カットしたセルはポーターメニューの中に保存されます。画面右下のポーターアイコンをタップします。
ポーターをタップ

するとカットしたセルが保存されているので、好きなセルにドラッグして配置することができます。
ドラッグして配置

セルのコピー&ペースト

今度はコピー&ペーストを見てみましょう。

中央のセルを長押しするとそのマンダラ全体が対象となり、それを丸ごと移動やコピーすることができます。
中央のセルを長押ししてコピー&ペーストのアイコンにドラッグします。コピーなので、入力した「27歳」のマンダラの内容はそのまま残ります。
コピー&ペースト

そしたらトップ画面のダイアグラムに戻り、年をスワイプして自分が27歳になるまで年を移動させてセットします。
セットしたら画面右下のポーターアイコンをタップします。
年をセット

そうすると先程の「27歳」のマンダラが保存されていますので、それをサンプルの例のように2020年までドラッグします。
長押しドラッグ

そうすると27歳のマンダラが2020年にコピーされましたので、それをタップして中身をみてみましょう。
コピーしたセルをタップ

こんな感じですね。
コピーされたセル

移動

少し分かりづらいかもしれませんが、セルの縁が濃い場合には、そのセルの下の階層には入力した内容があるということになり、それをタップすればさらに細かい内容が見れるということになります。

また時間のダイアグラムでは日付を変更すると、画面下部に「Today」という文字が表示されますが、これは「今日」の日付に戻るためのメニューです。
セル区別

サイドバー

サイドバーは常に時間ダイアグラムの横に表示されています。コピペしてすぐに使いたいものをドラッグしておくといいでしょう。
サイドバー

今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:LifeArt
  • 販売者: Hiro Art Directions,Inc.
  • 価格(掲載時): 960円
  • アプリサイズ:5.8MB
  • バージョン(掲載時):1.0