LINEアカウントの引き継ぎ方法【iPhone編】

iPhoneの機種変などでデータを移行する場合には、iTunesにデータを丸々バックアップして復元すればLINEなどのデータは新しい端末で簡単に復帰させることができますが、個別にデータを移行したい場合にはLINEのアカウントやトーク履歴の設定をしてデータの引き継ぎをする必要があります。その手順について紹介します。

iPhoneでの手順紹介となりますので、Androidの場合にはLINE公式ブログの記事を参照してください。

目次

メールアドレスとパスワードの確認

まずは移行後のログイン時にメールアドレスとパスワードが必要ですが、移行する前に確認しておきましょう。登録しているメールとパスワードが分かっている場合には次のステップに進んでください。

メニュー画面の「設定」を選択。
LINEのメニュー画面

続いては「アカウント」。
LINEのアカウント

メールアドレスを確認します。メールアドレスを変更することはあまりないかと思いますが、もし表示されているアドレスと違う場合には、変更を行ってください。大事なのはパスワードになりますが、もし忘れているのなら再設定をしておきましょう。パスワードを選択します。
パスワードを選択

パスワードを忘れた場合には、ここで再設定をしておきます。
LINEのパスワード変更

トーク履歴のバックアップ

続いてはトーク履歴のバックアップは、LINEのバージョンが6.4.0以降でないとできませんので、なっていない人は最新のバージョンにアップデートしておいてください。

まずは「設定」画面をスクロールさせて「トーク」を選択します。
LINEのトークを選択

そしたら「トークのバックアップ」を選択します。
トークのバックアップを選択

最後は「今すぐバックアップ」を選択します。自分はさほどバックアップ容量が多くないですが、人によってはかなりのボリュームになる人もいるのではないかと思います。
今すぐバックアップを選択

機種変で電話番号変更するの場合の移行

機種変で電話番号を変更する場合やFacebookログインを利用している場合には、アカウントを引き継ぐための設定を行う必要があります。

設定の「アカウント引き継ぎ設定」をタップ。
アカウント引き継ぎ設定

続いては「アカウントを引き継ぐ」の設定をオンにすると、下記のような注書きが標示されますので、「OK」。
アカウントを引き継ぐをオンに!

そうするとカウントダウンが始まり、24時間以内に変更する必要があります。公式ブログにもあるように、機種変当日にでも行うといいでしょう。
24時間以内に変更せよ!

後は、次のステップと同様の手順で移行することができます。

機種変で電話番号変更なしの場合の移行

機種変で電話番号の変更がない場合は、新しいiPhone端末にLINEを再度インストールして、ログインします。

アプリを起動したら「ログイン」を選択します。間違っても新規作成しないように。
ログインを選択

続いてはメールとパスワードを入力して「OK」をタップ。
メアドとパスワードを入力

しっかりとiCloudにトーク履歴をバックアップしてあるなら、迷うことなく「OK」をタップ。
OK!

続いては電話番号を入力して、番号の認証を行います。
電話番号を入力

番号が間違ってなければ「OK」。
再度OK!

そしたらSMSに認証番号が送らてきますので、それを入力して「次へ」。
認証番号を入力!

そしたら「トーク履歴をバックアップから復元」を選択してトーク履歴を復元します。後はLINEの案内に従って設定を行って完了です。
トーク履歴をバックアップから復元

スタンプの再ダウンロード

なお、新しい端末に移行した場合、スタンプは再ダウンロードする必要があります。

まずは、「設定」を選択。
設定を選択

続いてはスタンプをタップ。
スタンプをタップ

さらに「マイスタンプ」をタップ。
マイスタンプをタップ

最後は一括でダウンロードするか、画面右端のダウンロードアイコンをタップして個別にダウンロードします。
スタンプをダウンロード

iPhoneの移行をする人はこちらも参考にしてください。
古いiPhoneからiPhone 7へ必要なデータだけを移行する方法