Macのスクリーンショットのやり方まとめ

macOS Mojaveでスクリーンショットのやり方が、今までにない進化を遂げました。ブログやデザインワークなどで色々と使う場面があるかと思いますが、Macのスクリーンショットのやり方を色々とまとめてみました。

Macのスクリーンショットのやり方まとめ

目次

Macのスクリーンショットの基本

サムネイル表示、編集&編集がすぐにできる

スクリーンショットを撮ると、画面右下にサムネイルが表示され、クリックするとすぐに簡単な編集や共有ができるようになりました。

サムネイルをクリックせずにしばらく待つとデスクストップに自動で保存されます。
Macのスクリーンショットの基本

2通りのやり方

同様に、macOS Mojaveで2通りの方法でスクリーンショットを撮れるようになりました。

  1. キーボードショートカットを使う
    従来のやり方で、撮りたいものによってショートカットキーを覚える必要がある
  2. コントロールツールを使う
    ショートカットキーで専用のコントロールツールを表示して、それを使ってスクリーンショットを撮るので、ツールを表示させるためのショートカットキーさえ覚えれば操作は楽にできる

ショートカットキーで撮る

画面全体を撮る

[command] + [shift] + [3]

  • 画面全体を撮る
  • 複数モニターの場合、全ての画面を個別に撮れる
  • 複数モニターの場合、サムネイルに表示されるのはメインのモニターのみ

囲った範囲を撮る

[command] + [shift] + [4]

  • 囲った範囲を撮る
  • 複数モニターの場合、複数のモニターにまたがった範囲が撮れる

ウィンドウを撮る

[command] + [shift] + [4] + [スペースキー]
の後に
[カメラアイコンドラッグでウィンドウを指定]
[トラックパッドをタップで撮る]

  • 背面にあるウィンドウを指定した場合でもそのウィンドウのみを撮れる
  • ウィンドウに影がついてしまう

ウィンドウを撮る【影なし】

[command] + [shift] + [4] + [スペースキー]
の後に
[カメラアイコンドラッグでウィンドウを指定]
[option] + [トラックパッドをタップ]

  • 背面にあるウィンドウを指定した場合でもそのウィンドウのみを撮れる
  • ウィンドウの影なしで撮れる

クリップボードに保存

上記のやり方では、スクリーンショットの画像がデスクトップに保存されてしまいますが、クリップボードの保存することですばやく外のアプリに貼り付けできるようになっています。

基本的には、[control]キーを一緒に押すことで可能となっています。

画面全体をクリップボードに保存

[command] + [shift] + [control] + [3]

  • 画面全体を撮る
  • 複数モニターの場合、メインのモニターのみがクリップボードに保存される

囲った範囲をクリップボードに保存

[command] + [shift] + [control] + [4]

  • 囲った範囲を撮る
  • 複数モニターの場合、複数のモニターにまたがった範囲が撮れる

ウィンドウを撮ってクリップボードに保存

[command] + [shift] + [control] + [4] + [スペースキー]
の後に
[カメラアイコンドラッグでウィンドウを指定]
[トラックパッドをタップで撮る]

  • 背面にあるウィンドウを指定した場合でもそのウィンドウのみを撮れる
  • ウィンドウに影がついてしまう
  • 撮ったウィンドウをクリップボードに保存

ウィンドウを撮ってクリップボードに保存【影なし】

[command] + [shift] + [control] + [4] + [スペースキー]
の後に
[カメラアイコンドラッグでウィンドウを指定]
[option] + [トラックパッドをタップ]

  • 背面にあるウィンドウを指定した場合でもそのウィンドウのみを撮れる
  • ウィンドウの影なしで撮れる
  • 撮ったウィンドウをクリップボードに保存

スクリーンショットのカスタマイズ

続いては、スクリーンショットをカスタマイズする方法ですが、いずれのやり方もターミナルを使ってコマンドを入力します。ターミナルは、Launchpadか、Spotlight検索を開いて「terminal」か「ターミナル」と検索して起動します。

ターミナルが起動したら下記のコマンドを入力、エンターでカスタマイズできます。

保存先の変更

デフォルトでは、スクリーンショットはデスクトップに保存されますが、その保存先を変更できます。下記のコマンドを入力し、「保存先」の箇所は直接そこまでのパスを入力するか、Finderをドラッグ&ドロップで簡単に指定することができます。入力したらエンターキーをクリックします。
defaults write com.apple.screencapture location 保存先

パスを指定したら今度は下記のコマンドをコピペしてエンターキー入力で設定が完了します。
killall SystemUIServer

JPGなどにファイル形式を変更

初期設定では画像の保存される形式はpngとなっていますが、この初期設定の保存形式を変更することができます。
defaults write com.apple.screencapture type png
上記のコマンドを入力したら、実行します。
killall SystemUIServer

その他には下記のようなファイル形式に変換できます。ちなみに、イラストなどはpng、人物や風景が写っているような写真はjpgの方が画像の容量を抑えられます。
defaults write com.apple.screencapture type jpg
defaults write com.apple.screencapture type gif
defaults write com.apple.screencapture type tif
defaults write com.apple.screencapture type pdf
defaults write com.apple.screencapture type bmp

初期設定のファイル名を変更

初期設定では「スクリーンショット 2010-10-10 10.10.10」のようなファイル名で保存されますが、この「スクリーンショット」を「scr」などのように変更することができます。
defaults write com.apple.screencapture name "scr"

コントロールツールを使って撮る

macOS Mojaveでは新たにコントロールツールが追加されました。これにより、複数あるショートカットキーを覚える必要なくクリックによる操作だけで簡単にスクリーンショットを撮ることができます。

スクリーンショット用のコントロールを開くには下記のショートカットキーを押します。
[command] + [shift] + [5]

下記がスクリーンショット用コントロールです。簡単な使い方を紹介します。

  • ①と②
    クリックでカーソルがカメラアイコンになり、撮りたい箇所をクリックで撮れる

  • optionキー押しながらでウィンドウの影無しを撮れる

  • 撮りたい箇所を囲って⑦をクリックで撮れる
  • ①と②と③
    controlキー押しながらでクリップボードに保存できる

Macの画像スクリーンショット用コントロール


  • ⑦をクリックで動画キャプチャ開始。複数モニターの場合には、いずれかを選べる

  • 囲った箇所を⑦で動画キャプチャ開始。複数モニターをまたがったキャプチャはできない

Macの動画キャプチャ

⑥のオプションでは、保存先の指定やタイマー、マウスポインタの表示などの設定ができます。
Macのスクリーンショットのオプション