Live Photosが楽しくなるアプリ「私のライブ壁紙・カスタムのアニメ・テーマとバックグラウンド」

iOS
4

iPhone6s、Plusで新しく追加されたカメラの機能「Live Photos」は、1回シャッターを切るだけで動く写真が撮れる機能で、壁紙としても設定することができます。

私のライブ壁紙の主な特徴

デフォルトではAppleが用意したものか、自分が撮影したものを壁紙として設定することができますが、「私のライブ壁紙・カスタムのアニメ・テーマとバックグラウンド」には90種類以上の動くLive Photoの壁紙が用意されています。

宇宙をモチーフにした美麗なものからハートや犬などの可愛らしいもの、はたまたスケルトンなどのような様々なものまでが用意されています。

現在のところ、iPhone6s、Plusでしか使えません。

今すぐアプリをダウンロード

私のライブ壁紙の使い方

基本的な流れは、アプリ内のLive Photosを観て設定したいものをカメラロールに保存、設定するという流れになります。

アプリを起動するとこんな案内が表示され、3Dタッチで少し深く押す感じでそのままホールドすると動画が再生されます。左にスワイプすると他のサンプルも閲覧できます。

それでは設定方法を見てみましょう。
画面下部にある「SAVE」というメニューをタップすると、iPhoneの写真のカメラロールへのアクセス許可を求められますので「OK」をタップします。

すると「WALLPAPER WAS SAVED TO PHOTOS」とカメラロールに保存されたと案内が表示されますので、「OK」をタップします。

そしたらカメラロールを開き、保存したLive Photosを選択します。

そしたら左下の「共有アイコン」をタップします。

するとこんなメニューが表示されますので、「壁紙に設定」を選択します。
Live Photosの場合には矢印が示しているように「LIVE」のラベルが表示されています。

するとこんなメニューが表示されますので「ロック中の画面に設定」を選択します。

続いては「Live Photo」を選択、「設定」で決定をします。

後はロック画面を開いて、3Dタッチで画面を深く押すと美麗な動画が再生されます。
設定については以上です。

設定メニューではキャッシュサイズを設定することができます。
キャッシュをすることによって高速で表示できるようになりますが、その分iPhone本体の容量を使用します。
iPhoneにキャッシュさせたくない場合は容量を100Mbか、No Cacheでキャッシュさせないようにすることができます。

ここからはどんな感じの壁紙があるのかをちょいと紹介します。
ハート状の動画が再生されます。

綺麗な光り輝く壁紙といったところでしょうか。

可愛いらしい犬も出てきます。

青いキラキラの光り輝く壁紙。

タイムラプスで微れないライブフォトです。

面白いところでこんなスケルトンなものもあります。

iOS
41
今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:私のライブ壁紙 - カスタムのアニメ・テーマとバックグラウンド
  • 販売者: Apalon Apps
  • 価格(掲載時): 480円
  • アプリサイズ:38.4MB
  • バージョン(掲載時):1.1