定型文の利用に特化したキーボードアプリPhrase Keyboard

iOS
3.81

キーボードアプリPhrase Keyboardを紹介します。

Phrase Keyboardの主な特徴

定型文の利用に特化したキーボードアプリ

日常生活の中で同じような言い回しを使う機会などがある顔文字や挨拶などの定型文となり得る文言や言い回しがたくさんあるかと思いますが、それらを入力するのは面倒だと思いますが、このアプリを使うことでそれらを定型文として登録しておき、キーボードから簡単に呼び出せるようになります。

例えば自分のパーソナル情報として、住所やEメール、電話番号など、HP、Twitterのアカウントなどそれをいちいち手で打ち込むのは面倒です。

なので、それを予め登録しておけばキーボードのボタン一つで入力が完了します。

PCで作成した定型文を簡単にインポート

定型文が大量にある場合にはPCでCSV形式で予め作成してそれをインポートすることで簡単にアプリ内に取り込んで使うことができます。
iPhoneを仕事でよく使う人はこのアプリを利用することで文字入力の手間を減らせるかもしれません。

今すぐアプリをダウンロード
続きを読む

定型文の利用に特化したキーボードアプリPhrase Keyboard

目次

Phrase Keyboardの使い方

キーボードの追加

アプリをインストールしたらまずはiPhoneの設定からキーボードを追加する必要があります。手順はこちらをチェックしてください。
iPhoneのキーボードの変更(切替)・追加方法

定型文の作成

続いては定型文の作成を見てみましょう。
アプリを開いたら「設定」を選択します。
Phrase keyboardの設定を開く

そしたら画面左下の「+」をたップして、新規作成で「フォルダ」を選択します。
フォルダを新規作成

次はフォルダ名を入力ですが、分かりやすいように「あいさつ」、「感情」、「喜び」、「怒り」、「悲しみ」、「楽しい」、「仕事」などのフォルダを作っておくと後で使いやすくなりまう。
フォルダ名を入力

フォルダを作成したら画面右上の「編集」をタップするとフォルダの作成や移動ができますので、作成したフォルダが選択しやすいように上に移動するか、他の不要なフォルダを削除しておきましょう。
上にフォルダをドラッグ

続いては同様に「+」をタップして「テキスト」を選び、定型文を作成します。
「名前」はパッと見て分かりやすいように入力しておき、定型文の中身を「テキスト」欄に入力します。
終わったら画面右上の「完了」で作成を終了します。
定型文の作成

作成した定型文を先ほど作成したフォルダに移動するには、定型文を長押しします。
定型文を長押し

するとこんなメニューが表示されますので「移動」を選択します。
移動を選択

移動したいフォルダを選択して「完了」です。
同様にして定型文を付け加えていけば、準備は終わりです。
定型文をフォルダに移動

実際の使い方

実際に使うにはキーボードの地球儀アイコンを順次切り替えていくか、長押しで「定型文 英語」を選択します。
Phrase keyboardの選択

これがキーボード画面になりますが日付や時刻を一発で入力したり、タブ、半角スペース、改行ボタンが用意されています。
キーボードボタンの機能

フォルダを選択して先ほど登録した定型文の名前をタップするだけで簡単に定型文を挿入することができます。
定型文の入力

定型文の一括インポート

定型文をPCのファイルからインポートすることができますので、PCで作業できる人はそれで行うと効率よく登録ができます。

カンマ区切りで下記のように名前と中身をUTF-8で作成しておきます。
定型文の一括インポート

Dropboxのフォルダにそれを保存したら、それをiPhoneアプリのDropboxで開き、別のアプリで開くを選択します。
別のアプリで開く

「Phrase Keyboard」を選択します。
Phrase keyboardで開く

そしたらアプリを開いて画面右下のメニューをタップし、「インポート」を選択して該当のフレーズをインポートするだけです。
インポート

今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:Phrase Keyboard - 定型文キーボード
  • 販売者: SkyArts&Co., Ltd
  • 価格(掲載時): 200円
  • アプリサイズ:2.6MB
  • バージョン(掲載時):1.0.2