ポケモン GOの卵を早く孵化(ふか)させる方法

ポケモン GOの卵を早く孵化(ふか)させる方法

世界的に大ヒットしているポケモンGOですが、街中を歩いているとあちこちでやっている人の姿を見かけることができ大きな社会現象となっています。

そんなポケモンGOですが、今回はふか装置を使って卵を早く孵化(ふか)させる方法を紹介します。

ふか装置の使い方

まずは基本からですが、ふか装置は卵を付加させることで新たなポケモンをゲットすることができます。

卵は、ふか装置にセットして歩くと予め設定された距離を歩くことで卵が孵化して新たなポケモンをゲットすることができます。
卵は2Km、5Km、10Kmと3つ用意されており、その距離に応じて出現するレア度の違うポケモンが出てきます。

それではやり方を見てみましょう。
フィールド上のモンスターボールアイコンをタップします。
モンスターボールアイコンをタップ

続いてはポケモンのアイコンをタップします。
ポケモンをタップ

続きを読む

次は画面上部の「タマゴ」をタップして、ふかさせたい卵を選びます。距離が長いほどレア度が高いですが、その分移動しなくてはなりません。とりあえずはサンプルで2Kmを選んでみます。
卵を選択

この画面が表示されたら「ふかそうち」をタップします。
「ふかそうちを使う」をタップ

ふか装置は2種類あり、無限に使えるものと使い切りのものがあります。
無限に使えるもの(画面中央の∞)は、1回卵を設置するとその卵が孵化するまで使用することができません。「残り3回」と記載されている使い切りのタイプも、同様に1回卵を設置すると孵化するまでは他の卵を設置できませんが、無限タイプと一緒に同時に孵化させることもできます。

ここではサンプルで無限のタイプを選択してみます。
ふか装置を選択

この画面になったら設置は完了で、後はアプリを起動した状態で指定の距離を歩くだけです。
卵をふか装置にセット

卵を早く孵化させる方法

さて、卵を早く孵化させる方法ですが、指定された距離を移動すればいいので電車や車とかを使えばいいと考えてしまいますが、残念ながら一定の速度以上による移動は短くカウントされてしまうようです。

海外サイトの様々なユーザー情報によると時速約10マイル(時速約16Km)以下という情報もあり、そこでふと思ったのが、一定の速い速度で移動してしまうと短くカウントされてしまうなら、それを超えないスピードで移動できる自転車を使えばいいじゃなかと。

実際に自転車でノンビリと走りながら検証してみた結果、歩くよりも早く距離を稼げて孵化せることに成功しました。

注意すべきことは、早く走らせすぎないことです。自転車でもある程度のスピードが出てしまい、電車などと同じように認識されてしまいますので、ノンビリと走りましょう。

それと、移動距離を測定しているので、同じ所をグルグルと回るよりは直線に走るといいでしょう。

安全に電池消耗を抑えながら孵化させる方法

さて、自転車を使えば早く孵化させる事ができると書きましたが、スマホを持ちながら自転車に乗るのは非常に危険で、場合によっては警察官に注意される場合(実際にその現場を目撃)があります。

上記を回避するためには「バッテリーセーバー」を使います。バッテリーセーバーはポケモンの画面を開いた状態で画面をオフにするとバッテリーの消費を抑えつつ、移動した距離を計測してくれる機能なので、自転車で移動しながら孵化させたいのならば必須の機能です。

やり方を見てみましょう。
フィールド上でモンスターボールアイコンをタップ。
モンスターボールアイコンをタップ

続いては「設定」を選択。
設定を選択

バッテリーセーバーをオンに。
バッテリーセーバーをオンに

移動する時はスマホを逆さまにします。するとこのように画面がブラックアウトし、バッテリーをセーブできます。
ちなみに通知とバイブモードをオンにして、ズボンのポケットにでも入れておけばポケモンが出現した場合にバイブで通知してくれます。
スマホを逆さまにする

まとめるとこんな感じです。

  1. 孵化させる卵をセット
  2. 予めルアーモジュールが設置されているポケストップを確認
  3. バッテリーセーバーをオンにセット
  4. スマホの電源ボタンを押して画面をオフにする
  5. ポケモンをゲットして次のルアーモジュールが設置されてるポケストップまで移動

なお、表示の距離が変わってない場合は、少し時間を置いて画面を閉じて再度開いたりすることで更新されます。
卵をふか装置を表示させた状態