ポケモンGOの電池消費を抑える方法

ポケモンGOの電池消費を抑える方法

色々な社会現象を起こしているポケモンGOですが、遊んでいると悩まされるのが電池消費の問題。
GPS、AR機能や卵の孵化(ふか)などのシステムにより電池の消費が著しいですが、電池の消費を抑える方法をいくつか紹介します。

1. バッテリーセーバーをオンにする

まずは手軽に設定できる方法としてバッテリーセーバーがあります。

フィールド上でモンスターボールアイコンをタップ。
モンスターボールアイコンをタップ

続いては「設定」を選択します。
設定を選択

バッテリーセーバーをオンに。
バッテリーセーバーをオンに

移動する時はスマホを逆さまにします。するとこのように画面がブラックアウトし、バッテリーをセーブできます。
ちなみに通知とバイブモードをオンにして、ズボンのポケットにでも入れておけばポケモンが出現した場合にバイブで通知してくれます。
スマホを逆さまにする

2. 移動中は画面をオフにする

バージョン 1.1.0にアップデートすると、上記で記載したようにバッテリーセーバー機能が削除されてしまいました。
しかし、アプリを起動した状態で画面をオフにして移動しても卵ふかのための移動距離は計算されていますので、移動時は端末の電源ボタンを押して画面をオフにしておきましょう。

続きを読む

3. ARモードをオフにする

現実の世界にポケモンを表示させるようなAR機能が話題の一つでもありますが、これは電池消費の原因の一つでもあります。
ポケモンと対峙している画面で、画面右上の「AR」ボタンをオフにします。
ポケモンGOのARモードをオフにする

4. Wi-FiとBluetoothをオフにする

Wi-FiとBluetoothは、近くにある機器を探して接続を試みようとしますが、これも電池消費の要因にもなります。
iPhoneの場合には、端末の画面下部から上にスワイプするとコントロールパネルが表示されますので、Wi-FiとBluetoothを簡単にオフにすることができます。
もちろん、速度制限などでWi-Fi機器と接続している人はBluetoothのみをオフでいいでしょう。
Wi-FiとBluetoothをオフに

5. 画面の明るさを暗くする

同様にコントロールパネルで画面の明るさを暗く設定することでセーブできます。
画面の暗さを暗くする

6. 予備用充電バッテリーを持つ

スマホ自体での設定をしていてもやはりバッテリーが持たないことも多々あります。一番ベストなのは予備用充電器を持つのがいいでしょう。

7. 音楽をオフにする

これは大体の人が既にオフにしているかと思います。
音楽や効果音付きのアプリとなっていますので、バッテリーを長持ちさせるためにもスマホの音声をオフにしておきましょう。

8. バックグラウンドで起動しているアプリを切る

バックグラウンドで動作しているアプリは切っておきましょう。
iPhoneの場合には、ホームボタンを2回押せば下記の画面になりますので、使っていないアプリを上にスワイプで切っておきましょう。
バックグラウンドアプリを切る

9. その日の行動目的を決める

例えば、レアポケモンをゲットしたいならレアポケモンだけを探して捕獲するようにして、他のポケモンは一切無視します。
要らないポケモンを捕まえながら行動していると、レアポケモンをつかまえる前にバッテリーが切れる可能性があり、効率が悪くなります。

例えば、たくさんの卵を孵化(ふか)させたいというのであれば、その日は卵の孵化に集中しましょう。
途中でポケモンを捕まえながら、孵化させようとするとそれだけで目的を達成する前にバッテリーが切れる可能性は高いでしょう。

その日の目的を決め手行動することで効率よく遊べるでしょう。

孵化については、こちらの記事もチェックしてみてください。
ポケモン GOの卵を早く孵化(ふか)させる方法

10. 2台持ちをする

基本的にIDとパスワードがあれば遊るので、iPad、iPhone、Androidなどのスマホを2台持っているならそれらを持っているならそららも有効活用しましょう。

iPhoneの2台持ちならSIMを入れ替えるだけです。

iPhone 5sの中古なんかはわりと安いので狙い目です。

11. ノートPCから充電する

ここまでしてやる必要があるのか分かりませんが、ノートPCからも充電ができますので、ノートPCと充電用バッテリーを持っていくだけで継続して遊べるでしょう。

こちら記事もチェック!
ポケモンGOで経験値を効率よく獲得する方法