連絡先・写真・動画を隠す最強のアプリ「秘密のデータヴォールト」

連絡先・写真・動画を隠す最強のアプリ「秘密のデータヴォールト」

iOS
4.71

iPhoneには様々な個人情報が詰まっており、それは写真だったり、動画だったり、連絡先だったり。そんな情報を誰にも見せたくない、そんな時もあるでしょう。

そんな時はこの最強なシークレットアプリ「秘密のデータヴォールト」をチェックです。

秘密のデータヴォールトの主な特徴

写真や動画を秘密のアルバムに隠せる

iPhoneで撮影した写真や動画を誰にも見せたくない、隠したい場合にこのアプリを使うことで簡単に秘密のアルバムにインポートして隠すことができます。

写真や動画は、一括でインポートしてiPhoneのオリジナルのアルバムから簡単に削除することができます。

連絡先もインポートできる

iPhoneに登録している連絡先をインポートすることもできるので、誰にも見られたくない相手がいる場合にはインポートして隠しておくといいでしょう。(利用時は注意が必要)

Webブラウザ

アプリ内専用のWebブラウザも用意されており、Web用の画像を簡単に秘密のフォルダに保存することもできます。あんな写真やこんな写真を収集したい人にはお薦めです。

様々なパスコード入力方法

Androidみたいなドットパターンロックの他に、パスコードロック、コンビネーションロック、タッチIDによるパスコードロックをアプリ自体に掛けることができます。

不正侵入を追跡

不正にアプリを開こうとした人を、インカメラで撮影、位置情報なども把握できる不正侵入追跡機能もコワイぐらいに強力です。

かなり充実した満腹なアプリとなっています。

今すぐアプリをダウンロード

秘密のデータヴォールトの使い方

アプリの使い方について見ていきます。

セキュリティロックの設定

あプリを起動すると最初にセキュリティコードを設定する必要があります。ドット状をなぞるようにして自分だけのセキュリティコードを入力します。終わったら「設定」をタップします。
ドットセキュリティ

パスコードのバックアップ

一度設定したパスコードを忘れるとデータの復活はできません。なので、不安な人はメールにパスコードの内容を送信してバックアップしておくといいでしょう。サンプルで「はい」をタップします。
パスコードのバックアップ

後は自分宛てにメール送信して完了です。
メールでパスコードのバックアップ

続きを読む

位置情報のアクセス許可

位置情報のアクセス許可は、「不正侵入」の使用時に位置情報を取得しますが、この情報は後で変更することもできます。ここもサンプルで「許可」を出しておきます。
位置情報の取得について

写真アルバムの作成

iPhoneの本体のアルバムから写真をインポートして保存するためのアルバムを作成してみましょう。
メディア画面の右上の「+」をタップしてアルバムを作成します。
+をタップ

サンプルで秘密の写真アルバムを作成してみます。
秘密の写真アルバム名

続いては作成したアルバムをタップ。
アルバムをタップ

写真のインポート

続いては写真の取込をしてみましょう。画面の上部の「+」をタップします。
もう一度+をタップ

取り込みたいアルバムを開いたら一枚ずつタップして選択するか、画面右上の「全てを選択」で写真を全て選択できます。
写真を一括選択

終わったら画面右上の「完了」をタップします。
完了をタップ

すると取り込み元の写真をどうするかと聞かれます。
初めての場合で、ちょっと不安な場合は「許可しない」を選択して確認しましょう。一括でインポートして「削除」を選択する場合は、元のアルバムから全て削除され、元に戻すことは困難作業なのでよく考えて実行しましょう。
削除確認

写真やビデオ撮影

わざわざ写真やビデオをインポートすることなく撮影した写真や動画を直ぐに「秘密のデータヴォールト」のアプリ内に保存することもできます。

まずはアプリ内のアルバムを開いてい通常の写真インポートと同じように「+」をタップします。
3度目の+をタップ

次に画面上部のカメラアイコンをタップします。
カメラアイコンをタップ

するとカメラが起動して写真や動画を撮影することができ、撮影後は直ぐに秘密のアルバムに保存することができます。
写真を撮影

写真や動画をiPhoneのアルバムに戻す

インポートしたけど、やはりアルバムに戻したい場合があるかと思います。
その場合には写真をタップして拡大表示します。そしたら画面下部の「共有アイコン」をタップします。
共有アイコンをタップ

そしたら「画像を保存」と選択してiPhoneのアルバムに保存することができます。一枚ずつしかできないのでインポートする時はよく考えましょう。
画像を保存

秘密の連絡先

誰にも見られたくない連絡先がある場合には、それもインポートすることができます。
画面下部の「連絡先」、画面上部の「+」、「連絡先をインポートする」の順番にタップします。
連絡先をインポートする

そうするとiPhoneに登録してある連絡先の一覧が表示されますので、取り込みたい連絡先をタップします。
連絡先をタップ

内容を確認して「完了」です。気をつけたいのは連絡先を取り込んでもiPhoneに登録してある連絡先は残ったままなので、完全に秘密にしたい場合はiPhoneの連絡先から削除しておく必要があります。ただし、このアプリにインポートした連絡先はバックアップできないので、気をつける必要があります。
完了をタップ

実際に取り込んだ連絡先は、電話を掛けたりメッセージのアプリを起動してやり取りが出来るようになります。ここでも気をつけたいのは、電話するのはiPhoneデフォルトの電話アプリで、使用後は履歴を削除するのを忘れずに。笑。
電話を掛けたりメッセが送れる

Webブラウジング&画像保存

Webブラウザが用意されています。画像を検索してそれを簡単にアプリ内のアルバムに保存することができます。

画像の保存は長押しです。Webブラウザは凄くシンプルで、ブックマークなんかが欲しいところで、動画なんかも保存できたら最強ですかね。
ブラウザで画像を長押

長押しするとアルバムが開きますので、選択して保存です。
秘密の写真フォルダに保存

おとり設定

彼氏、彼女なりに怪しいアプリだと思われて、開くように言われることがあるかもしれません。
その場合には「おとり設定」をすることで誤魔化せるかもしれません。笑。

画面左上の「設定」アイコンをタップします。
設定アイコンをタップ

続いては「おとりを設定する」を選択。
おとり設定をする

ダミー用のおとりパスコードを設定してアプリを閉じます。
再度、アプリを開いたらそのダミーパスコードを入力します。
パスコードの入力

すると先ほどまであったアルバムや連絡先、設定が消えています。これで誤魔化すことができます。笑。
戻したい場合はアプリを閉じて再度開き、本来のパスコードを入力します。
何もない状態のアプリが表示される

不正侵入チェック機能

誰かが不正にアプリを開いたかをチェックできる機能です。

設定の「不正侵入」の「写真を撮る」にチェックを入れておきます。
不正侵入をチェック

後は誰かが不正にアプリを開こうとしてパスコードを入力して失敗すると、インカメラで写真が撮影されます。
不正な侵入

それを確認したい場合は、「不正侵入を見る」を選択。
不正侵入を見る

見事にインカメラで撮られてます。笑。
怪しい人物を捉えた

さらには位置情報までもが…。コワイですね〜。
位置までも取得、コワイね〜

おすすめアプリ! 今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:これに触らないで - 秘密のデータヴォールト
  • 販売者: Apalon Apps
  • 価格(掲載時): 840円
  • アプリサイズ:39.1MB
  • バージョン(掲載時):2.6