Googleマップの共有方法【iPhone編】

iPhone向けのGoogleマップがアップデートされて、共有のやり方がかなり楽になりました。ここでは、そのやり方について紹介をしていきたいと思います。

ここではGoogleマップの共有方法について紹介していますが、iPhoneデフォルトのマップの共有方法については下記を参照してください。
iPhoneのマップで位置情報を共有・削除する方法

目次

Googleマップの共有方法

現在位置のリンクを作成

まずは現在位置の共有方法をみていきますが、これはリアルタイムでの共有ができるようになりました。

共有方法ですが、青い点滅している円が現在位置となり、画面内にない場合は画面右下のアイコンをタップして現在位置を中央に表示させます。そしたら、現在位置のアイコンをタップします。
Googleマップで現在位置をタップ

そうするとこのようなメニューが開かれますので、「現在地情報を共有しましょう」をタップ。
現在位置を共有

さらにメニューが開かれ、「1時間」にチェックが入っているのが目に入りますが、これはリアルタイムでの共有できる時間を表しています。
リアルタイムの位置情報の共有は、常に通信することにより電池消耗の原因となる事が考えられます。なのでもっと短い時間で会えそうなら時間を調整するのもいいでしょう。そしたら、「その他」をタップしてLINEで共有しましょう。
共有設定

その他を選択するとLINEグループなどで簡単に共有できます。
GoogleマップをLineで共有

お互いの位置情報を共有

Googleマップの位置情報のURLを送った人が例えばEさんだとして、 Eさんの位置情報を受け取った人がそこにアクセスするとこんな風にEさんの居場所が分かります。そしたら、受け取った人がEさんに対して「現在地を共有する」をタップして位置情報を共有してみましょう。
生成された現在地にアクセス

タップするとこの画面になるので、さらに共有をタップしてもらいます。
Googleマップで現在地を共有

Googleマップの位置情報を受け取った人が位置情報を共有すると、Eさんにも通知がきますので、同様の手順で位置情報を共有すると画面上部に共有している人の一覧が表示れます。それをタップするだけでその人の位置が分かるということになります。便利ですね。なお、スマホで現在地を共有したURLはPCでは閲覧することができません。
お互いの位置が分かる

追加で他の人に現在地情報を共有

追加で他の人に現在地情報をさらに共有したい場合は、リンクをタップして、一番右の追加アイコンをタップして同様に共有したいアプリを選択するだけです。
他の人にさらに共有

現在地の共有の削除

リンクを選択して共有をオフにするだけです。
現在地の共有の削除

特定の場所を共有

例えば、住所が分からなかったり、説明しづらい場所があったとして、その場所を共有したい場合の方法です。
まずは共有したい位置を長押しします。そうするとマーカーが追加され、画面下部に指定した地点というのが表示されますので、それをタップします。
マーカーを追加

そしたら、共有のアイコンがありますので、それをタップ。
Googleマップで特定の場所を共有

上記の特定の場所の共有は「付近」となりますので、微妙に位置がズレることもあります。その場合には下記の箇所をタップするとコピーできますので、それを送ってGoogleマップで検索して貰う必要があります。
正確な位置を共有

お店を共有

喫茶店での待ち合わせや飲み会の場所なども簡単に共有することができます。まずは検索欄に住所あるいは、店の名前などを入力して検索します。そしたら、検索結果で該当するお店をタップします。
お店を検索

後は、同様に共有アイコンをタップします。
共有アイコンをタップ

共有に使いたいアプリを選択で共有します。
お店を共有