iPhoneのショートカットアプリの共有・取得できない場合の対処法

iPhoneがiOS 13にアップデートされて、様々なアプリの操作方法が変更されましたが、ショートカットアプリの操作方法も大幅に変更されました。

ショートカットアプリの機能の一つ、作成したショートカットを共有する機能がアップデートで共有できなくない?取得できない?と戸惑いましたが、セキュリティの面でその許可をする必要が出てきただけで、今まで通り共有や取得ができるようになっています。その手順の紹介です。

なお、Appleがセキュリティ強化をしたということは、信頼のおけるサイトなどでのショートカットを取得するべきだということであると捉えることができますので、非公式のショートカットの取得には十分気をつけてください。

関連 iPhoneのショートカットとは?アプリやSiriの使い方・やり方

目次

信頼されていないショートカットを許可

まずは、信頼されていないショートカットの取得や共有許可を出します。

iPhoneの設定を開いたら、ショートカットを選択します。

そしたら、「信頼されていないショートカットを・・・」の横のスイッチをオンにします。

注意案内が表示されますので、許可を出します。

パスコード入力を求められますので、入力します。これで準備は完了です。これでネット上で共有配布されているショートカットの取得や共有ができるようになっています。

信頼されていないショートカットを許可が表示されていない場合

信頼されていないショートカットを許可が表示されていない場合、下記を試してみてください。

iPhoneの設定を開いたら、登録しているAppleのIDを選択ます。

そしたら、画面をスクロールして一旦サインアウトします。サインアウトしたら、再度サインインします。サインしたら、「設定」、「ショートカット」とアクセスしてみてください。

ショートカットの共有方法

共有したいショートカットの設定をタップします。

そしたら、右上のサブメニューを選択します。

必要に応じて、アイコンやショートカットの名前、ウィジェットや共有シートをオンにします。ショートカット名にはバージョンを入れておくと後で利用するユーザーが分かりやすいと思います。

作成画面に戻ったら画面下部の共有アイコンをタップします。

共有シートが表示されたら、好きな方法で共有します。いずれを選択しても、iCloudのリンクが作成されます。

なお、マイショートカットの一覧画面のショートカット長押しからでも素早く共有できるようになっています。

関連記事