古いiPhoneからiPhone 7へ必要なデータだけを移行する方法

古いiPhoneからiPhone 7へ必要なデータだけを移行する方法

iPhone 5又は6からiPhone 7に機種変で必要なデータだけ移行する方法を紹介したいと思います。iPhoneを下取りに出す場合にもやはり同様の手順でバックアップすることをお薦めします。

基本的にはiTunesを使わずiCloudでのバックアップでのやり取りとなり、Wi-Fi環境で行ってください。

写真のバックアップ

まずは、古いiPhoneでいっぱい撮影した写真をバックアップしておきましょう。iCloudにバックアップすることもできますが、無料で利用できるのは5GBまでと制限がある為あっという間に容量が足りなくなります。そこでお薦めなのがGoogleフォトにバックアップする方法です。
Googleフォトは基本的に容量無料制限でバックアップすることができます。

詳細はここでは省きますが、こんな手順でGoogleフォトで写真を選択してバックアップすることができます。
iPhoneの写真をバックアップ

Googleフォトの詳しい使い方ははこちら。
メチャ便利!容量無制限で写真を保存できるGoogleフォト

LINEのデータ引き継ぎ

LINEを使用している人も結構多いと思いますが、アカウントの移行やトーク履歴のデータを引き継ぎしたい人は事前にやり方をチェックしておいてください。
iPhoneでのLINEアカウントの引き継ぎ方法

その他のデータをiCloudにバックアップ

まずはiPhoneの設定の「iCloud」をタップ。
設定のiCloudを選択

ここでは写真をオフにして、メール、連絡先、カレンダー、リマインダー、Safariのブックマーク、メモなどは必要に応じて応じてオン・オフにします。それが終わったら「容量」をタップします。
容量を選択

続いては、「ストレージを管理」をタップします。次の画面が標示されるまで少々時間がかかる場合があります。
ストレージを選択

次は、iPhoneを複数台使っていますが、現在使用している「このiPhone」を選択します。
このiPhoneを選択

下記の画面は、様々なアプリが使用しているデータをiCloudに保存するかどうかを管理している場所です。よく見ると「次回作成時のサイズ」が無料で利用できる5GBを超えていて、この状態ではバックアップはできませんので、5GB以下になるように不要なデータを削除します。特にフォトライブラリは、先ほどGoogleフォトに保存したので複数端末を使っている場合には、それらもオフにしておく必要があります。

ゲームデータもここで管理している場合があるので、削除する際は気をつけてください。

なお、この「次回作成時のサイズ」はタイムラグがありますので、少し時間をおいてから確認するといいでしょう。
不要なデータをオフに

後でのバックアップからの復元で時間を短縮するためにホーム画面の不要なアプリも削除しておくといいでしょう。

そしたら先ほどのiCloudの一覧画面に戻って「バックアップ」を選択します。

続きを読む


バックアップを選択

自分は普段はバックアップをオンにしていないので、ここでは「iCloudバックアップ」を「オン」にします。オンにするとiTunesとの同期でPCにバックアップがされなくなると注意書きが標示されますが、「OK」をタップします。
iCloudバックアップをオンに

そしたら「今すぐバックアップを作成」をタップすると作成が開始されます。これでバックアップの準備は完了です。
今すぐバックアップを作成

ショップで機種変した場合からの利用

ショップで機種変した場合、基本的にSIMカードを挿してiPhoneが使える状態にして不要なリンクをインストールされるだけで、アプリのインストールやデータの移行や引き継ぎ、復元はやってくれません。

というのも、データ容量がデカすぎてショップでそんな事やったら大変なことになってしまいます。

ショップで機種変した場合にそのまま利用したいのであれば、後はiCloudにログインして、一から必要なアプリをダウンロードインストールすることでiCloudのデータが同期されて気持ちも新たに利用することもできます。なお、同期までに時間がかかる場合があります。
iCloudにログイン

iOSの初期化

上記の状態でも使えますが、ショップでインストールされた変なリンクを削除したいとか、インストールしたアプリを一から再度インストールするのが面倒だという人は、一度、iPhone 7を初期化することでiCloudのデータを復元することで、アプリのインストール作業を省くことができます。

ただし、アプリを多くインストールしている場合には、復元に時間が掛かるというのは言うまでもありません。

iOSの初期化は、下記の手順で行うことができます。

iPhoneの「設定」 → 「一般」 → 「リセット」 → 「すべてのコンテンツと設定を消去」 → パスコード、機能制限パスワードを入力して「iPhoneを消去」

初期化からのバックアップデータの復元

上記の初期化をすると、初期設定画面になりますので、それを設定するだけです。

日本語を選択。
日本語を選択

地域はそのまま日本で。
地域は日本

初期のキーボードの設定ですが、そのままで次へ進んじゃいましょう。
キーボード設定

次はWi-Fiの設定です。該当するネットワークを選びます。
Wi-Fi設定

Wi-Fiのパスワードを入力して「接続」をタップします。
Wi-Fiのパスワード設定

続いては位置情報のサービスの設定です。iPhoneをなくした場合に「iPhoneを探す」などのサービスに利用されます。オフにして後で変更することもできます。
位置情報の設定

タッチIDの設定です。便利なので、ここで設定しておくといいでしょう。
タッチIDの設定¥

指を当てては離すの作業を繰返します。
指紋認証の設定

再びグリップ調整と出てきますので、「続ける」をタップ。
さらにもう一度

同様に指を当てては離すの作業を繰返します。
境界部の指紋を認証

やっと完了なので、そのまま「続ける」。
指紋認証完了

パスコードの設定です。紛失した場合やセキュリティの事も考えて設定しておきましょう。
パスコードの設定

そしたら、データをどうするのかとメニューが標示されるので「「iCloudバックアップから復元」を選択します。
まっさらな状態で使いたい場合には、「新しいiPhoneとして設定」を選択します。
iCloudバックアップから復元

Apple IDとパスワードを入力。
Apple IDの入力

利用規約に同意。
利用規約の同意

後はバックアップした内容を選択。
復元するバックアップを選択