リラックス音楽を聴きながらアート模様を描けるアプリSilk 2

iOS
4.41

仕事に勉強に人生(?)に疲れる時もあるでしょうが、そんな時にはこのアプリ「Silk 2」でリラックスするといいでしょう。

Silk 2の主な特徴

リラックス感抜群の音楽を聴きながらアート模様を作成できる

写真加工やイラストを描くようなアプリは色々とありますが、このSilk 2のようにリラックス音楽を取り入れて、それを聴きながら作業させるアプリというのは、見当たらないのではないでしょうか。

リラックス感抜群の音楽を聴きながら、画面をなぞるだけで簡単に美麗なアート模様を描くことができるアプリとなっており、ストレスが溜まっている時にこのアプリを活用することで没頭する時間を作ることでき、嫌なことやストレスから開放するキッカケを与えてくれます。

この手のアプリは、興味のない人は手を出すべきではないでしょうが、ストレスフリーな時間が欲しい人はぜひとも体験をお薦めします。

今すぐアプリをダウンロード

Silk 2の使い方

軽く内容を見ていきましょう。

アプリを起動すると、Draw something.というメッセージが標示されます。
何か描こうってことなので、指をなぞって何かを描いてみましょう。
Draw something、何かを描こう

すると一本線を引いたら対象的な線が一本追加されました。そうです、指をなぞることで、その線とは対象的な線が描かれます。さらにはリラックス感たっぷりの音楽が流れます。イヤホンやヘッドホンをして、その音楽を聴きながら、目と耳でリラックスを味わうことができます。
アートを描く

メイン画面の説明です。簡単な機能がいくつか用意されているので、それらを軽く見ていきましょう。
Silk 2のメイン画面

続きを読む

メイン画面の左下の線種アイコンをタップすると、24種類の様々な形をした線が用意されている画面に移動します。好きな線種を選択してみましょう。
ラインの種類

カラーパレットを見てみましょう。
基本的に使用したい色をタップすると、その単色で画面に好きな色のラインを描くことができます。画面下部の再生ボタンをタップすることでカラーパレットを変更することができます。
カラーパレット

単色以外にも好きな色を組み合わせてグラデーションを作成し、それを線種として利用することができます。
グラデーションを作成するには、使用したい色を別の色までドラッグすることで簡単に使用することができます。
グラデーションの作成

こんな感じでアート模様を描けます。
アート模様を描いてみた

画面下部の「×」をタップすると全てクリアされて、最初から新たに描くことができます。
ハートを描いてみた

アプリ自体はApple Pencilや3Dタッチにも対応しています。画面の上に指を置くだけでも、自動で模様を描いてくれます。
3Dタッチでアートを描く

色々と模様を付けて、今度は画面右上のエフェクトを使用してみましょう。
線種を変えてアートを描く

真ん中のエフェクトを使用するとこんな風にボンヤリとした光のボカシを入れることができ、幻想的なアート模様を描けます。色々と試してみてください。
光のボカシを入れてみる

完成した画像は保存することができます。共有アイコンをタップするとこの画面になりますので、「Save Image」のアイコンをタップします。
アートを共有

画像はカメラロールに保存されますので、それを待ち受けにしたり、LINEの背景画像などにして楽しむことができます。
それっぽいアートの完成

今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:Silk 2 – Interactive Generative Art
  • 販売者: Yuri Vishnevsky
  • 価格(掲載時): 360円
  • アプリサイズ:29.2MB
  • バージョン(掲載時):29.2