目指せ1000万!目標を設定して貯金ができるアプリSpendable

目指せ1000万!目標を設定して貯金ができるアプリSpendable

iOS
41

お金の浪費はあっという間ですが、貯めるのって中々難しいですよね。
iPhoneでお金の支出管理をする家計簿アプリアプリはたくさんありますが、Spendableは少し違う視点に置いて制作された感があるアプリです。

Spendableの主な特徴

貯金額と目標期間にフィーチャーした貯金アプリ

Spendableは、家計簿アプリとしてももちろん使用できますが、目標とする「貯金額」と「期間」を設定してそれに向かって貯金のための残高管理という点に重点を置いているアプリと言えるでしょう。

貯金の目標額に対して、今月や今日はあとどれぐらいお金を使えるのかが、メイン画面で直ぐに確認できます。

入力がシンプル

あくまでも貯金の目標額に対して支出管理をするので入力自体はシンプルになっており、細かい項目を記入確認するというのがありません。

少し大雑把のように感じるかもしれませんが、この類のアプリはシンプルで続けることが大事ではないかと思います。
なので機能が複雑になりすぎて使うのが面倒になるのでは話になりません。
かんたんな家計簿アプリが欲しい人にはお薦めです。

今すぐアプリをダウンロード
続きを読む

目次

Spendableの使い方

サンプルで1000万円を10年かけて貯金していくという素敵な設定をしていきたいと思います。

貯金額と目標期間の設定

アプリを起動したらまずは貯金額と目標期間の設定を行いましょう。
「目標」をタップします。
Spendableの目標を選択

続いては「チュートリアル」を選択していきます。
チュートリアルを選択

次に「最終目標額と達成期限から設定」を選択します。
目標設定方法の選択

最終的な貯金目標額を入力します。
ここでは1000万円と入力して「次へ」を選択します。
貯金目標額の設定

次は期間設定で、10年後にセットしてみます。
貯金の期間

先月の残高ですが、ここでは「0」と入力します。
今月から10年かけて1000万円貯めていくという設定なので、ここでは前月までの残高は無視します。
(個人的には先月の残高を入力すると、使用できるお金の額の把握が少し分かりづらくなるのかなと感じたので0としています)
先月の残高を入力

入力が完了すると設定した目標額に対して、毎月どれぐらい貯金すればその金額に届くのかが一覧で表示されますので、確認したら保存します。
10年1000万円貯める

保存が完了するとグラフでで表示されます。
ちなみに、この画面でリストの「月」をタップすると、素早く削除することができます。
グラフによる1000万円貯金

給料の入力

さてメイン画面に戻ってみるとこの画面が表示されますが、今月使えるお金がマイナスとなっており、予定の貯金額よりも使い込んでいるのが分かります。

まだ給料を入力していないのでこんな風に表示されますが、特にこの「使えるお金」に意識を置きながら貯金していくといいでしょう。

サンプルで給料の入力を行ってみたいと思いますので、「+」をタップします。
Spendableの「+」をタップ

給料の金額とメモ欄に給料と項目を入れておきましょう。
給料の入力

支出の入力

メイン画面に戻ってきました。先ほどのマイナスだった「使えるお金」が黒字に変わっています。
貯金額と給料が差し引きされて残りの使える金額が表示されていますが、ここからさらに日常で支払っている支出を入力していきます。
「-」をタップします。
Spendableの「-」をタップ

ここではサンプルで飲み代4000円を入力しています。
支出の金額を入力

同様の手順で他の支出項目も追加していきます。
そしたら現在の残高を一覧で見てみましょう。
現在の残高の確認

収入と支出の一覧はこんな風に表示されます。
ただ、メイン画面での「+」と「-」での入力は、素早く入力できるのですが再編集ができません。
Spendableで残高の推移をグラフで確認

支出予定

再編集するには、予めこちらの「残りの支出」で入力しておく必要があります。
残りの支出を選択

「+」で支出項目を追加します。
支出

ここでは金額と項目名の他にも日付を指定して入力することができます。
お金の支出項目を保存

保存するとこのようにチェックボックスが付いた状態が一覧で表示されるようになります。
このチェックボックスの意味は「支払い予定のものが完了しているかどうか」のチェックになります。
支出登録完了

先ほどのチェックボックスを付けた場合とつけてない場合の比較表示です。
「現在の残高」と「残りの支出」の箇所に変化があり、「残りの支出」に支払予定の支出を入力することで使用可能金額の把握ができるようになります。
チェックマークの意味

上記の「残りの支出」画面でチェックボックスにチェックを入れるとこのように何も表示されなくなります。
支払いが完了を示したことになりますが、画面右下のアイコンで再度表示できます。
支出の再編集

表示されたメニューの「完了した項目」を選択して、先ほどの項目を選択することで再度表示や再編集ができます。
支払い完了

今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:Spendable - 貯金ができるシンプル残高管理
  • 販売者: Yuta Hirobe
  • 価格(掲載時): 240円
  • アプリサイズ:2.5MB
  • バージョン(掲載時):2.4