iPhoneとGoogleの連絡先を同期する方法・できない場合の対処法

iPhoneを使っていてGoogleの連絡先をiPhoneに同期して使いたいと思う人もいるかと思いますが、そのやり方について紹介したいと思います。

目次

iPhoneとGoogleの連絡先を同期

iPhoneの設定を開いたら、パスワードとアカウントをタップします。
iPhoneのパスワードとアカウントを選択

次はアカウントを追加を選択します。
iPhoneの設定でアカウントを追加

この画面が表示されたらGoogleを選択します。 
iPhoneにGoogleアカウント追加

Googleアカウント用のメールアドレスを入力して次へ進みます。
Googleのメールを入力

続いてはパスワードの入力です。
Googleアカウントのパスワードを入力

連絡先をオンにして保存します。なお、カレンダーも同期したい場合はオンにするといいでしょう。また、メールはGmail専用のアプリで使うことをお薦めします。
iPhoneとGoogleの連絡先を同期

ログインに成功して同期ができれば、iPhoneの連絡先を開くとこのように表示されます。
iPhoneの連絡先に表示されたGoogle連絡先

同期できない場合の対処法

上記のiPhoneとGoogleの連絡先を同期をやったのにも関わらず、iPhoneの連絡先に表示されない場合があります。その場合にはGoogleの連絡先をチェックしてみるといいでしょう。

まずは、Googleの連絡先にブラウザでアクセスします。
https://contacts.google.com/

同期できない場合の原因として考えられるのは、Google連絡先にデータが登録されていないことが考えられます。まずは、左上のサイドメニューをタップします。
Google連絡先にアクセス

サイドメニューを開くと、少し下にその他の連絡先というメニューがありますので、それを選択します。
Google連絡先のその他の連絡先

その他の連絡先を開くと、一度でもGmailでメールのやり取りしたことのある人の連絡先がここに登録され宛先の候補として表示されれますが、iPhoneの連絡先と同期して電話でのやり取りもできるようにするためには先程の連絡先に本登録する必要があります。なので、同期して利用したい連絡のプロフィールアイコンをタップして選択します。
Google連絡先で同期したい人を選択

選択状態になったら、少し見づらいかもしれませんが、画面上部にプロフィールアイコンが表示されますのでそれをタップします。
Google連絡先に追加

そしたら、再びサイドメニューを開いて最上部の連絡先を選択してみましょう。(この時点で既に2人が登録されているのがわかります)
Google連絡先を選択

このように連絡先に本登録されましたので、後はiPhoneの連絡先を確認してみてください。
Google連絡先に登録されたプロフィール