TEDを英語のリスニング教材として学習できるアプリTEDICT

TEDを英語のリスニング教材として学習できるアプリTEDICT

iOS
4.31

TEDは、Technology、Entertainment、Designの頭文字を取ったもので、当初は技術、エンターテイメント、デザインの3つの分野からスピーカーを集め会議を行っていたものが拡大して、最先端の人々が集まる場所へと変わったもので、価値あるアイデアを世界に広めることを目的として日本でも人気のあるコンテンツとなっています。

そんなTEDを利用して英語の学習アプリとして活用できるTEDICTがあります。

TEDICTの主な特徴

TEDを英語のリスニング教材として学習できるアプリ

ビル・クリントン元アメリカ大統領も登壇するなど、TEDのカンファレンスはどれもこれも魅力的な内容ばかりですが、そのカンファレンスでのスピーチを英語のリスニング教材として学習できるアプリがTEDICTです。

アプリ自体は凄くシンプルなものになっており、様々なスピーチを聞いてレベルに応じた回答をする「TEDICT(英単語を1つずつ手入力していく)」と「TEDICTisy(英単語の並び替え)」が用意されています。

最先端の話題を日本語字幕付き動画で閲覧、学習できる

学習以外にも単純に動画を再生して閲覧することができ、TEDの動画は英語と日本語の字幕を表示できるので、単調な英語学習ではなく最先端の面白い話やためになる話を聞けるので、知識を得ながらも英語の勉強ができて一石二鳥ではないでしょうか。

下記は、2013年12月に公開されたTEDのもっとも再生された人気プレゼンのトップ10です。
興味のある人は、英語をコピーしてTEDICTのアプリの中で検索してみてください。ちなみに、TEDICTのアプリの中では日本語での検索はできません。

  1. Ken Robinson: How schools kill creativity
    ケン・ロビンソン「学校教育は創造性を殺してしまっている」
  2. Jill Bolte Taylor: My stroke of insight
    ジル・ボルト・テイラーのパワフルな洞察の発作
  3. Simon Sinek: How great leaders inspire action
    サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか
  4. Brené Brown: The power of vulnerability
    ブレネー・ブラウン:傷つく心の力
  5. Amy Cuddy: Your body language shapes who you are
    エイミー・カディ 「ボディランゲージが人を作る」
  6. Pranav Mistry: The thrilling potential of SixthSense technology
    プラナフ・ミストリー :次なる可能性を秘めたSixthSenseテクノロジー
  7. Tony Robbins: Why we do what we do
    トニー・ロビンズ 「何が人を動かすのか」
  8. David Gallo: Underwater astonishments
    水中の驚き by デイビッド・ガロ
  9. Mary Roach: 10 things you didn’t know about orgasm
    メアリー・ローチ「あなたの知らないオーガズムに関する10の事実」
  10. Dan Pink: The puzzle of motivation
    ダニエル・ピンク「やる気に関する驚きの科学」
今すぐアプリをダウンロード

Android版はこちらです。
TEDICT – TEDで英語を習おう

TEDICTの使い方

それでは、使い方を見てみましょう。

タイトル画面

アプリを起動した後のタイトル画面です。
まずは「Start」を見てみましょう。
TEDICTタイトル画面

するとこんな風に翻訳言語についての注意書きが表示されますが、ここは特に変更の必要はなく「No」を選択します。
設定

続きを読む

TED動画の選択

続いては、閲覧したいTED動画を探しますが、3つの方法があります。
気軽にさっと探せる「Alll Tasks」は、表示されたリストの中から好きな動画を選択できます。
ALL TASKS

Tagsでは、タグに基づいて様々な動画がまとめらていますので、好きな分野から動画を探し出せます。
TEDICTのタグ

最後は、キーワードを入れての検索ですが、日本語での検索には対応していません。
先ほど紹介した人気の動画を英語で検索してみるといいでしょう。
検索でTED動画を検索

TED動画のダウンロード

実際に動画を選択した画面です。

基本的に「Download」でiPhoneの本体に動画をダウンロードしないと、「TEDICT(英単語を1つずつ手入力していく)」と「TEDICTisy(英単語の並び替え)」の学習ができませんので、Wi-Fi環境でダウンロードすることをお薦めします。
オフラインで動画を閲覧できるようになるので、電波の届かない場所でも快適に閲覧できたり、途中からの再生もできるようになります。

「Play online」はダウンロードせずに見るためのもので、どんな内容なのかを軽く確かめたい時に利用するといいでしょう。
DownloadでiPhoneにTED動画を保存

上級者向けの「TEDICT」と中級者向けの「TEDICTisy」

ダウンロードすると、「TEDICT」と「TEDICTisy」のメニューが表示されます。
上級者は「TEDICT」、中級者は「TEDIDTisy」を選ぶといいでしょう。ここでは、まずは「TEDIDTisy」を見て行きたいと思います。
TEDICTisyを選択

続いては文節の選択ですが、とりあえずは1から進めましょう。
文節を選択

「TEDICTisy」

「TEDICTisy」を選択した場合の回答画面です。
右上の再生ボタンをタップして、聞き取りができたら英単語をタップして並べていきます。文節によっては長いものがあり、画面に全て表示されていない場合がありますので、スクロールして選択してください。

ブックマークしておくと、後でブックマークページで見返すことができます。
なお、ブックマークは動画そのものブックマークとなります。
TEDICTisyの回答画面

入力した英単語を長押しするとメニューが表示されて辞書検索ができます。
英単語を長押し 辞書結果

「TEDICT」

「TEDICT」の回答画面は、キーボードで一文字ずつ入力していきます。
ちなみに、キーボードの「return」キーを押すと音声が流れ、わざわざ画面右上の再生ボタンに指を持って行くよりはずっと楽なので覚えておくといいでしょう。
TEDICTの回答画面

終わったら左にスワイプすると次の文節に進みます。
逆に右スワイプで一つ前に戻ります。
スワイプで移動

文節の全文表示

動画の内容の全文表示をすることができます。
まずは「i」を選択。
「i」をタップ

続いては、「View Dictation Scripts」を選択します。
View Dictation Scriptsを選択

そうすると、このように文節ごとに英語と日本語の全文が表示され、画面右上の共有ボタンでLINEやTwitetrで共有したり、メールで送ることができます。
文節

日本語字幕の表示設定

ダウンロードした動画を再生させるとこのようにメニューが表示されますが、「Default」を選択します。
TED動画の再生

するとこのように英語と日本語字幕を確認しながら動画を閲覧することができます。
字幕が表示された状態

ダウンロードした動画は英語と日本語の字幕を同時に表示することができますが、日本語字幕を非表示に設定することができます。
タイトル画面の「Settings」を選択すると設定画面に移りますので、画面をスクロールさせて「Translation Language」をオフにすることで英語字幕のみを表示します。
日本語字幕を非表示

Vocabulary

タイトル画面のVocabularyには、ダウンロードした動画の内容に含まれる英単語がボキャブラリーとして一覧表示されます。
Vocabulary

英単語をタップするとこのように表示され、さらに「View Sentences」をタップ。
View Sentencesを選択

すると関連のある動画が一覧で表示されます。
関連動画が表示される

動画の削除

動画をダウンロードするとiPhoneの容量を圧迫しますので、不要なものは削除するようにしましょう。
「List」画面で該当の動画を左にスワイプで素早く削除することができます。
リストでの削除

今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:TEDICT - TEDで英語を習おう
  • 販売者: CoCO SWING
  • 価格(掲載時): 200円
  • アプリサイズ:4.2MB
  • バージョン(掲載時):3.2