複数のタイマーをセットできるカウントダウンタイマーアプリTimer+

iOS
4

カウントダウンタイマーアプリと言えば、一つ設定したらそれが完了するまで他のタイマーは設定することができません。複数設定したいという人はこの「Timer+」を試してみるといいでしょう。

Timer+の主な特徴

複数のタイマーをセットできるカウントダウンタイマーアプリ

数多くあるカウントダウンタイマーアプリですが、この「Timer+」は、複数のタイマーをセットすることができるので、例えば、クッキングでの揚げ物用タイマーや、茹物タイマーなど複数同時に調理する場合に、複数のタイマーが必要な場合があるかと思いますが、その場合にこの「Time+」を使うことでそれらを同時に管理することが出来るようになります。

様々なアラーム音を設定できる

ウッドブロック、エッグタイマー、ピアノ、ブザーなどの様々なアラーム音が予め20種類用意されているので、用途別に設定することでなんのタイマーなのかを音で判別して行動することもできます。

色分けできる

それぞれのタイマーに色を付けることも出来るようになっています。
また、ストップウォッチ機能やクイックタイマーの作成やプロ版では「広告なし」、「Todayウィジェット」、「Appleウォッチ」にも対応しているので、気になる人はチェックしてみるのもいいでしょう。

無料!今すぐアプリをダウンロード

目次

  • アプリ情報
  • Timer+の使い方

    カウントダウンタイマーの削除

    アプリを起動するといくつかのサンプルでカウントダウンタイマーがセットされていますが、不要な場合には左にスワイプで素早く削除することができます。

    タイマーの追加

    続いてはタイマーを追加してみましょう。画面右上の「+」をタップします。

    そしたらこの画面が表示されますので「タイマー」を選択します。タイマーの他にもストップウォッチやクイックタイマーを作成することもできます。

    カウントダウンタイマーの登録画面です。さほど難しいことはありません。タイトルの入力、時間やサウンド、繰返し、色などは用途に合わせて設定をするといいでしょう。終わったら画面右上の「保存」で完了します。

    タイマーのスタート

    一覧画面では、複数のタイマーをスタートさせることができます。

    ちなみに、右スワイプでスタートさせることもデキます。

    動作中のリストを右スワイプでさらに一時停止やコピーすることもできます。

    アクティブ画面では、動作中のタイマーのみが表示されるようになっています。

    クイックタイマーの作成

    クイックタイマーは、素早くタイマーを使いたい場合に利用するといいでしょう。
    画面右上の「+」からでも作成できますが、画面を下にスワイプで素早く追加することができます。

    時間を設定してスタートするだけです。ちなみに、クイックタイマーは保存することができます、使い切りタイプのタイマーといえます。

    設定画面

    設定はリストの下にある設定アイコンから設定画面に移動することができます。

    「自動ロックを禁止する」は時間が経つと画面がロックされるのを防ぐための機能です。画面をロックしたい場合はオフにするといいでしょう。

    iOS
    41
    無料! 今すぐアプリをダウンロード
    • アプリ名:Timer+
    • 販売者: Minima Software
    • 価格(掲載時): 0円
    • アプリサイズ:58.5MB
    • バージョン(掲載時):2.4.1