タイムツリーで予定を追加する方法

カレンダー共有アプリ「タイムツリー」の予定追加・削除・移動・コピー方法のやり方について紹介します。

タイムツリーで予定を追加する方法

目次

予定の追加方法

予定の追加方法ですが、基本的に予定名と日時を登録すれば完了ですが、ここでは様々な機能を見ていきたいと思います。

カレンダーで日付を選択

カレンダー上に予定日が表示されているなら、その日付をタップして予定を追加すると日付の編集をする必要がないので楽になります。予定を追加するには画面下部の「+」アイコンをタップします。
タイムツリー予定の追加方法

予定名の入力

画面上部の予定名を入力します。過去に入力したことがある場合、候補が表示されて入力が楽です。予定名を入力したら日付部分をタップします。なお、予定が短時間ではなくその日1日の場合には「終日」をオンにします。
予定名を入力

日時の入力

日時の入力画面が表示されると、時間の入力設定がなされた状態になっていますので、時間指定箇所のダイヤルを回すか、画面下部の数字のキーボードから時間が入力できます。キーボードからの入力は順次「時」、「分」へと自動で切り替わり入力が簡単です。
タイムツリーの時間設定

年月の指定もダイヤルを回すか、カレンダーを使って指定します。日時の設定が終わったら「確認」をタップします。
タイムツリーの年月設定

ラベルの設定

今度はラベルを見てみましょう。初期設定では「エメラルドグリーン」と表記されたラベルが選択されていますが、これのラベル名を変更します。
ラベルを選択

このウィンドウが表示されたら、「ラベル管理」をタップします。
タイムツリーのラベル管理

そしたら「エメラルドグリーン」と表記されているラベルを下記のように、「お出かけ」変更して完了します。
ラベル名を入力

右上の「保存」タップを忘れずに。
ラベルの保存

ラベル名が変わりましたので、「変更」をタップして戻ります。
ラベルの選択完了

通知時間の設定

通知時間は予定時間の15分前、5分前などのように変更や追加ができます。
通知を選択

このように複数回の予定時間前通知の追加や選択解除ができます。終わったら「確認」タップ。
追加したい通知時間を選択

オプションをタップしてさらに内容を見ていきたいと思います。
オプションを選択

場所の追加

場所の追加をすることで、iPhoneのマップやGoogleマップと連動して地図アプリで見ることができます。
場所を選択

場所をタップして行きたい場所を入力すると検索候補が表示されますので、それをタップして完了します。
場所名

URLの入力

出かける場所などのイベントなどに関する情報があるサイトのURLを貼ることで、直接アクセスできて情報をすぐに確認することができます。
関係のあるURLを貼る

後はメモ欄に必要な事があれば記載しておくといいでしょう。これで一通り追加作業が完了したので、画面右上のチェックアイコンをタップして保存します。
予定の追加完了

関連記事