TimeTree(タイムツリー)でアカウントを作成する方法

カレンダー共有アプリとして人気のアプリ「TimeTree(タイムツリー)」は、カレンダーを共有することはもちろん、コメント機能や使いやすさで人気があります。

TimeTree自体はアカウントを作成しなくても使用することができますが、例えば機種変更した場合にそれまでに使ってカレンダーや設定を継続して使用する場合にはメール、あるいはFacebookのアカウントを使って登録する必要があります。

そんなわけで、今回は初めて使う人向けにTimeTreeのアカウントの作成方法を紹介したいと思います。
アカウントを作成する前に気をつけたいのが、アカウント作成せずにカレンダーにイベントなどを追加した状態から、やはり

目次

アカウントの作成

初めてアプリを起動した場合、このような画面が表示され、アカウント作成のメニューが見当たらず、作成できない!?と思わず思ってしまうのですが、アカウントを作成するには、まずは「Email」でログインをタップします。
Emailでログインを選択

続いては画面下部の「アカウントがない場合は作成する」をタップします。
アカウント作成を選択

メールアドレスとパスワードの入力

続いては、メールアドレスとパスワードの入力をし、終わったら「サインアップ」をタップします。
メアドとパスワードを入力

プロフィール編集

続いては、プロフィールの編集です。プロフィール画像や名前を登録していきます。プロフィールの編集は後でも可能ですが、名前とプロフィール画像を設定しておくだけでも愛着が湧いてきます。特に難しいことはないので、プロフィールの編集が終わったら画面右上の「次へ」をタップして進みます。
TimeTreeのアカウントを作成

カレンダー設定

次はカレンダー用の画像設定やカレンダー名、カラーテーマを設定ですが、アカウント作成をスキップした場合はここからのスタートとなります。カレンダー名はサンプルの「家族カレンダー」のように登録しておくと管理がしやすくなります。ここも後で再設定ができますので、設定が完了したら画面右上の「保存」で設定を完了させます。
カレンダー名を入力

一通り設定が完了すると、早速共有の案内が表示されますが、すぐに共有したい場合は、送信を選択します。軽くアプリを触ってから、後でも共有できますのでキャンセルで進みましょう。
TimeTreeの招待確認

これがアプリのメイン画面となります。
TimeTreeのカレンダー

メール認証

メールを登録した場合、認証用のメールが届きますので忘れずに認証をしておきましょう。なお、認証は一定の時間が経過すると無効になるので設定から再度、認証をする必要があります。
TimeTreeでのメール認証

アカウント作成をスキップした場合のアカウント作成方法

初回のアプリ起動でアカウントを作成せずにカレンダーを作成した場合のアカウント作成手順です。

画面左上のメニューアイコンをタップ。
タイムツリーのメニューをタップ

続いては、画面上部の未登録のプロフィールをタップ。
プロフィールをタップ

次は「ログインまたはアカウント作成」をタップ。
ログインまたはアカウント登録をタップ

後はメアドとパスワードを登録します。そしたら登録したメアドにメール認証用のメールが届きますので、メールを確認して認証をしておきましょう。なお、この画面下部のログインを選んでタイトル画面に戻ってしまうとデータが初期化されてデータが消えてしまいますので、必ずメールを確認して認証をしてください。
メアドとパスワードを登録

関連記事