タイムツリーでGoogleカレンダーを表示する方法

友達や家族などとのカレンダー共有が便利なアプリ「タイムツリー」でGoogleカレンダーを表示させる方法を紹介します。

タイムツリーでGoogleカレンダーを表示する方法

目次

iPhoneにGoogleアカウントを追加する

タイムツリーにGoogleカレンダーを表示させるには、予めiPhoneの「設定」からGoogleアカウントを追加してやる必要があります。

iPhoneの「設定」を開いたら、「アカウントとパスワード」を選択します。
iPhone設定のアカウントとパスワードを選択

次は「アカウントを追加」を選択。
アカウントを追加を選択

今度は「Google」を選択します。
タイムツリーにGoogleカレンダーを表示させる手順

そしたらメアドの入力画面に移動しますので、入力して次のステップに進みます。
Googleのアカウントを入力

同様に「パスワード」を入力して次へ進みます。
パスワードを入力

カレンダーが「オン」になっていることを確認して「保存」します。
Googleカレンダーをオンにする

Googleカレンダーをコピーする方法

続いてはタイムツリーにGoogleカレンダーをコピーする作業に進みます。

タイムツリーを開いたら画面左上のメニューを選択します。
タイムツリーのメニューを選択

そしたらコピーしたいカレンダーを選択します。
タイムツリーのカレンダーを選択

メイン画面に戻ったら今度は、画面下部の「その他」のメニューをタップして、画面右上のカレンダー設定を選択します。
その他を選択し、カレンダー設定を選択

画面を下にスクロールしたら「OSカレンダーの予定をコピー」というメニューを選択します。
OSカレンダーの予定をコピー

ウィンドウが表示されたら、「Gmail」とある箇所のGoogleのカレンダーで追加したいカレンダーをオンにして「OK」で追加します。
タイムツリーにGoogleカレンダーを表示させる

選択したタイムツリーのカレンダーが共有されているカレンダーの場合、下記のように案内が表示されますが、問題なければ「OK」をタップします。
OKを選択

念のためにカレンダーを最新の状態に更新しておきましょう。
カレンダーを最新の状態にする

そうするとこのようにGoogleカレンダーの内容が表示されます。
タイムツリーにGoogleカレンダーの予定が表示された

タイムツリーとGoogleカレンダーの関係について

上記のようにタイムツリーにGoogleカレンダーを表示させることができますが、これはiPhoneに追加されたGoogleアカウントを通してGoogleカレンダーをタイムツリーにコピーしただけです。

なので、タイムツリーにコピーしたGoogleカレンダーの予定を変更、削除してもコピーした内容なので、Googleカレンダー本体の予定には何の影響もありません。つまりは同期ではなく、あくまでもコピーしただけということになります。

この記事作成の時点では少し使い勝手が悪い感じもしますので、タイムツリーのカレンダーはライトに使用するのがいいのではないかと思います。

関連記事