コメント機能が付いたカレンダー共有アプリTimeTree

コメント機能が付いたカレンダー共有アプリTimeTree

iOS
4.61

サークルや友達、家族、カップルなどで飲み会や、旅行、イベントなどの予定をカレンダーで共有しつつ、そのイベントに対する対話をしたい事がしばしばあるかと思いますが、そんな時にこのカレンダー共有アプリTimeTreeを使うと便利でしょう。

TimeTreeの主な特徴

メアドの登録をする必要がない

アプリを使う場合に、サービスを利用するのにしばしばメアドの登録をする必要がありますが、このアプリはそれらをしなくても手軽に予定やイベントの作成をして手軽に共有することができます。

もちろん、メアドを登録することで機種変した場合でもデータを同期して利用することができます。

チャット感覚でイベント予定にコメント

カレンダーに登録した予定やイベントにチャット感覚でコメントを書き込むことができます。
なので、予定やイベントまでの準備に活用したり、気分を盛り上げることができます。

無料!今すぐアプリをダウンロード

TimeTreeの使い方

アプリを起動したら「はじめる」をタップしてスタートします。
「はじめる」をタップ

カレンダーの設定

誰と使うかを選ぶ画面になりますので、使用したいシーンに合わせて選択してください。
ここではサンプルで「友達」を選択します。
友達を選択

続きを読む

続いてはカレンダーの設定です。
まずは「画像をアップロード」を選択して画像を設定しましょう。共有するカレンダーに画像や写真を設定することでそれを利用する人たちの好感度がアップするでしょう。
画像をアップロードを選択

カレンダーの説明やカラーテーマを設定したら画面右上の「保存」をタップして完了させます。
保存を選択

カレンダー招待

続いては作成したカレンダーへの招待ですが、予め招待を受ける人がその事を知っている場合はそのまま招待してもいいですが、知らない場合には誰からの招待なのかが分からないのでキャンセルをタップして個人のプロフィールも設定してから招待することをお薦めします。
カレンダー招待のキャンセル

プロフィール設定

カレンダー招待画面を閉じるとマンスリーカレンダーの表示がされますが、画面右下の「その他」をタップするとプロフィールを設定できる画面に移動できますので、「未設定」を選択しましょう。
未設定を選択

続いては「プロフィール編集」を選択します。
プロフィール編集

プロフィール画像の設定や名前、ひとことなどを入力して招待を受けた人が認識できるように入力して「保存」しておきます。
プロフィール入力

イベントの作成

イベントの作成を見てみましょう。
サンプルでマンスリーカレンダーを開き、直近のイベントを登録したい日付をタップしたら画面右上の「+」をタップします。
直近ではなく少し先の予定の場合はそのまま「+」をタップしてイベント追加時に日付を変更します。
イベントの追加

イベント名、ラベル、時間などを設定します。ベルアイコンの箇所を選択すると通知の設定ができます。
通知時間をタップ

通知は複数設定できます。
通知は複数選択できる

さらにオプションを広げると場所やURL、メモや電話番号などを入力できます。
場所には地名や住所を入力しておくと、登録完了後にiPhoneのマップかGoogleマップを開いて確認したり、URLをタップするとSafariが起動、電話番号があればそれをタップで電話を掛けることができます。
イベントによってはここらへんのオプションも入力しておくと便利です。
オプションを表示して詳細を入力

カレンダーを共有

イベントも追加したのでここでカレンダー共有をみてみましょう。
画面下部のタブメニュー「その他」をタップし、「ここをタップして招待しよう!」をタップします。
カレンダーを共有

そうしたらLINEやメール、ツイッターなど招待に使いたいツールを選択して送信します。これで共有としての作業は完了です。
共有先を選択

共有の招待を受けた人

メールでのサンプルですが、招待メールを受けた人はこんな感じでメールが届きますので、招待用のURLにアクセスしてもらいます。
招待メール

そうするとアプリが起動してグループに参加するかと聞かれるので、「参加する」をタップします。
参加するを選択

これで簡単にカレンダーが共有できました。
共有カレンダーに参加

カレンダーグループ参加者の確認

実際に共有カレンダーに参加した人は「その他」のタブをタップすることで確認できます。
参加一覧

コメントの投稿

続いてはコメント機能をみてみましょう。

マンスリーカレンダーなどの日付をタップするとこんな風に登録したイベントが表示されますので、それをタップします。
イベントをタップ

するとこんな風に詳細が表示されます。画面下部のコメント欄をタップしてコメントを入力してみましょう。
コメントを入力

チャット感覚でイベントに対して対話がこんな風にできます。これは中々に良い感じですね。
こんなやり取りができる

地図で確認

イベントの開催場所に地名や住所を登録しておけば、タップするとこんな風にiPhoneのマップかGoogleマップで確認できて便利です。
マップを活用できる

アカウントの登録

アカウント登録しなくても使えますが、機種変した時などにデータを引き継げないので引き継ぎたい場合はアカウントを登録しておくといいでしょう。

サイドメニューの「設定」を選択します。
設定を選択

「これから登録の方はこちら」を選択します。
これから登録の方はこちら

後はメールアドレスとパスワードを入力すると、確認用のメールが送られてきますので、そのメールに記載のリンク先にアクセスすることで登録が完了します。
メアドとパスワードを入力

3D Touch

iPhone6sから搭載された3D Touch機能を使うことで、素早く今日の予定の確認や、予定を作成することができます。
3D Touch

無料! おすすめアプリ! 今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:カレンダーアプリ: TimeTree スケジュール共有ができる無料アプリ
  • 販売者: JUBILEE WORKS, Inc.
  • 価格(掲載時): 0円
  • アプリサイズ:21.9MB
  • バージョン(掲載時):1.4.0