乗っ取り防止に!ツイッターで2段階認証を設定・解除する方法

ツイッターのセキュリティを高めてより安全に使うための方法として、2段階認証があります。

関連 初心者向けツイッター(Twitter)の使い方【スマホ】

目次

2段階認証とは?

通常、ツイッターはアカウントとパスワードがあればログインしてサービスを利用できますが、このアカウントとパスワードが何かしらの原因で漏洩した場合、乗っ取られることもあります。

それを防ぐための手段として、自分が使用している端末以外でのログインがあった場合に、認証コードの入力求めるための2段階にわたる認証を行うことで、それを防ぐことができます。

認証コードは自分が所持していて、尚且、許可を出している端末にしか送付されないので、乗っ取りを試みようとしている人はそれがないとログインしてサービスを利用できないということになります。

2段階認証の設定

解除の手順を見てみましょう。

ホーム画面で、左上のプロフィールアイコンをタップします。

サイドメニューを開いたら、設定とプライバシーを選択します。

次はアカウントを選択します。

続いてはセキュリティを選択します。

今度はログイン認証を選択します。

ログイン認証の画面が開いたらスイッチをオンにし、表示された案内の確認を選択します。

ログイン認証の仕組みについて簡単な案内が表示されたら、始めるをタップして次に進みます。

再ログインを求められますので、パスワードを入力して認証するをタップします。

続いては、電話番号を入力してSMSで認証コードを送ってもらうようにしてもらうようにします。電話番号を入力し、コードを送信をタップします。

認証コードがSMSに届きますので、その認証コードを入力して送信をタップします。コードが届かない場合は「コードが届きません」をタップして再度試してみてください。

これで登録が完了しましたが、さらに端末にアクセスできなくなった場合のバックアップ用のコードを取得しておきましょう。バックアップコードを取得をタップします。

この画面が表示されたらスクリーンショットを保存をタップします。特に画面が変化しませんので、タップしたら写真アルバムを見てみましょう、画像が保存されているはずです。念のためにそれを自分宛てにメールで送信してバックアップをしておきましょう。

認証方法

実際の認証のやり方ですが、持っている端末以外でツイッターにログインしようとすると下記のように案内が表示されますので、スマホのSMSをチェックして届いた認証コードを入力すればOKです。

2段階認証の解除

手順を見てみましょう。

ツイッターのアプリを起動したら、左上のプロフィールアイコンをタップします。

サイドメニューが開いたら、設定とプライバシーを選択します。

次はアカウントを選択します。

続いてはセキュリティを選択します。

今度はログイン認証を選択します。

そしたら、右上のログイン認証をオフにし、表示された案内の確認をタップします。これで解除できます。

関連記事