ツイッターのブロックって何?やり方と解除の方法

SNSを利用していると人間関係のトラブルが原因で炎上する事案が、しばし耳に入ってくることがあります。

SNSの一つであるツイッターはユルイつながりで様々な人と簡単に接することができる反面、それによってトラブルや問題が発生することも多々あります。

そんな時に覚えておきたいのがブロックという機能です。

目次

ブロックとは?

ブロックは、簡単に言ってしまえば、相手をシャットアウトして関係を完全に断ち切る機能です。実際にブロックすると下記のような状態になりますので、関係を持ちたくない・断ち切りたい相手であればフォローの有無にかかわらずブロックするといいでしょう。

  • お互いのフォローが強制的に解除される
  • お互いにリストに登録している場合も強制的に解除される
  • それまでやり取りしてた相手の@ツイートが非表示になる
  • ブロックした相手に自分のツイートが表示されなくなる
  • ブロックした相手が自分に対して@ツイートができなくなる
  • ブロック前にやりとしたメッセージ(DM)は残るがやりとりができなくなる
  • ブロックした相手が自分のプロフィールを見た場合にブロックしたという案内が表示される

なお、上記の状態はあくまでもブロックした相手のみに対して有効であり、ブロックした相手が別アカウントを作成した場合には、また話が違ってきますので、ブロックしてなおかつアカウントに鍵をかけるのがより良い対策と言えます。鍵垢については下記を参照してください。
ツイッターの鍵垢とは?非公開アカウントのやり方・外し方

ブロックとミュートの違い

ブロックと似た機能にミュートという機能があり、主な特徴は下記の通りです。

  • ミュートした相手のツイートが自分のタイムラインに表示されない
  • ミュートした相手からのメッセージ(DM)は届く
  • ミュートした相手からの@ツイートは表示されない(ミュート解除で表示される)
  • ミュートしたということが相手に通知されない

大きな違いとしては、相手からのメッセージ(DM)が届く、そしてミュートしたことが相手に通知されないので、完全にブロックすると面倒な関係の場合にはやんわりとミュートにすることでウザい相手を視界から消せるということです。ただ、@ツイートも通知されないので相手が自分宛てに@ツイートをした場合には気をつける必要があります。

ブロックのやり方

タイムライン上などに表示されているブロックしたい相手のプロフィールアイコンをタップします。
ツイッターでブロックしたい相手を選択

相手のプロフィール画面が表示されたら、「設定」アイコンをタップします。
ツイッターの設定メニューを選択

表示されたメニューの「〇〇さんをブロック」というメニューを選択します。
ツイッターでブロックを選択

確認のアラートが表示されたら、さらに「ブロック」を選択します。ブロックの操作自体はこれで完了です。
確認画面でブロックを選択

ブロックの解除

何かしらの手違いや考えが変わったとかでブロックした相手を解除する方法です。

画面左上のプロフィールアイコンをタップします。
プロフィールアイコンをタップ

サイドメニューが開かれたら「設定とプライバシー」を選択します。
ツイッターの設定とプライバシー

「プライバシーとセキュリティ」を選択します。
ツイッターのプライバシーとセキュリティを選択

「ブロックしたアカウント」をタップ。
ツイッターのブロックしたアカウント

ブロックしたアカウントの一覧が表示されますので、解除したいアカウントを選択します。
ブロックした相手を選択

次は、「ブロック中」を選択します。
ブロック中をタップ

表示されたメニューの「ブロックを解除する」を選択でブロックが解除できます。
ツイッターのブロック解除

ブロックされているかを確認する方法

ブロックはもちろん自分がされていることもありますが、その場合の確認方法を見てみましょう。

基本的には相手のアカウントが表示されていることが前提条件になりますので、タイムライン上でのやりとり、あるいはメッセージ(DM)がある場合は相手のプロフィールアイコンをタップします。やり取りしたことがない場合は相手のアカウントIDなどが分かる場合には検索をします。相手のアカウントを表示した状態でプロフィールアイコンをタップします。
ツイッターでブロックされているかを確認

すると、このようにブロックされているという案内が表示されます。
ツイッターでブロックされている状態