ツイート保存に使えるツイッターブックマークの使い方

2018年2月にツイッターにブックマーク機能が追加されましたが、これまで他人のツイートを登録して後で見え返したい場合には「いいね」をタップすることで実現できました。しかし、このいいねは相手に通知されてしまい、自分の趣味嗜好が相手に知れ渡ってしまうという事を嫌がる人もいました。

なので、このブックマークは相手に通知せずに後で見返せる嬉しい機能として登場しました。早速、やり方を見てみましょう。

ツイート保存に使えるツイッターブックマークの使い方

目次

他人のツイートをブックマークする方法

タイムラインに表示されているツイートでブックマークしたいツイートの共有アイコンをタップします。
ツイートの共有アイコンをタップ

メニューが表示されたら「ブックマークに追加」をタップします。これでツイートがブックマークされました。
ツイートをブックマークに追加

ブックマークリストへの移動

ブックマークのリストを閲覧するには、ブックマーク追加完了後に画面下部に一定時間表示される「ツイートがブックマークに追加されました」の青い案内をタップしてすぐに移動するか、画面左上のアイコンをタップ、あるいは画面の左端を右にスワイプしてサイドメニューのブックマークから移動して閲覧できます。
ツイッターのサイドメニューを開く

左サイドメニューが開かれたら「ブックマーク」をタップします。
ブックマークをタップ

そうすると、このように追加したブックマークの一覧が表示されます。
ツイッターのブックマーク画面

ブックマークの削除

追加したブックマークが不要になったら削除することもできます。ブックマークリストページを開くか、ブークマークしたツイートの共有アイコンをタップします。
ツイッターのブックマークを削除

ブックマークを全て削除したい場合は、ブックマークリストページの右上にある「・・・」のアイコンをタップ、表示されたメニューの「保存を全て削除」をタップで全て削除できます。
ブックマークを一括削除

ブックマークを検索する方法

新しく追加されたブックマークの機能ですが、残念ながら現在のところ検索機能がないため大量に保存してしまうと探すのも一苦労します。なので、不要になったものは削除するか、外部のブックマークアプリやサービスを利用する必要があります。

外部のブックマークアプリやサービスとしてはてなブックマークには、保存したブックマークの内容を検索する機能がありますが、検索機能がかなり重いです。

「後で読む」サービスとしてPocketがありますが、これも無料版ではタイトルのみでツイートの中身を検索できません。

無料で軽量に検索できるのが、意外なところでGmailをブックマークとして使う方法です。ツイートを自分のGmailに送信することで、Gmailの強力な検索機能が使えるというわけです。

手順も紹介しておきます。
共有アイコンをタップし、「その他の方法でツイートを共有」を選択。
その他の方法でツイートを共有

次は「メール」を選択。ここでGmailを選択すると、ツイート内容が送信できませんのでiPhone用の「メール」アプリを選択します。
メールを選択

後は、自分のGmailに送信ですが、件名にブックマークとかを入れると後でさらに探しやすくなります。
Gmail宛に送信

関連記事