目に優しい!ツイッターでダークモードを設定する方法

ツイッターには、もともと夜間モードと呼ばれるテーマ機能がありましたが、これは画面全体のデザインを白基調から黒基調に見た目を変更することができる機能です。バージョン7.45では更にダークモードが進化しました。

関連 【初心者向け】ツイッター(Twitter)の使い方

目次

目に優しく、バッテリーを長持ちさせる

スマホの画面背景を黒基調のデザインにすることで、スマホのバッテリーを長持ちさせたり、目の負担を和らぐ効果があると最近の研究結果で発表されています。
Dark mode is easier on your eyes—and battery | Popular Science

以前にもこちらの記事iPhoneの電池バッテリーの消耗を抑える方法で紹介しましたが、スマホのバッテリーの消耗が激しい人は、このダークモードも試してみるといいでしょう。

また、特に夜間のスマホの使用は睡眠にも影響があると言われており、気になる人はぜひとも使ってみることをお薦めします。

【スマホ】ダークモードの設定方法

設定自体は簡単です。画面左上のプロフィールアイコンをタップするか、画面左端を右スワイプしてサイドメニューを開きます。
スマホのツイッターのサイドメニューを開く

そしたら、左下のダークモードアイコンをタップします。
スマホのツイッターのダークモード選択

するとこのようにダークモードに切り替わります。
スマホのツイッターのダークモードを設定

【スマホ】ダークブルーとブラックの切り替え

これまでのダークモードは、少し青みかかった黒でしたが、バージョン7.45ではさらに真正の黒を基調としたテーマも追加されました。これの切替方法です。

サイドメニューを開いたら、設定とプライバシーを選択します。
スマホのツイッターのサイドメニュー

次は、画面表示とサウンドを選択します。
スマホのツイッターの画面表示とサウンド

最後にブラックを選択で下記のように完全な基調の画面に切り替わります。
スマホのツイッターのブラックモード

【スマホ】ダークモードの自動設定の挙動

ツイッターでダークモードを設定していると「自動ダークモード」というのを目にすることがありますが、これはオンにしている場合は「日没時にダークモードに、夜明け時にはダークモードを解除」する設定となっています。

しかし、先程の【スマホ】ダークモードの設定方法で設定している場合、この「自動ダークモード」が優先され常時ダークモードになります。

なので、常時ダークモードを利用したい場合はダークモードオンに、夜間のみダークモードを利用したい場合は、自動ダークモードのみをオンに設定します。
ツイッターの自動ダークモード

【PC】ダークモードの設定方法

PCの場合の変更手順ですが、まずはプロフィールアイコンをクリックします。
PCツイッターのプロフィールアイコンをクリック

表示されたメニューをスクロールして、夜間モードのスイッチで切り替えができます。
PCツイッターのダークモード

関連記事