ツイッターのQRコードを使って友達を追加する方法

ツイッターで友達をフォローするには、ツイッター上で直接IDを入力したり、名前を検索することでフォローができるようになりますが、これの欠点としては友達のIDが複雑だったり長かったりする場合、非常に面倒です。

そこでもっと手軽にフォローする方法としてQRコードを使う方法があります。そのやり方について紹介してみたいと思います。

目次

LINEやメールを使ってQRコードで友達をフォローする方法

QRコードを使ったフォローの方法は二通りありますが、1つ目のやり方は、お互いが近くにいない場合にLINEやメールなどを使ってフォローする方法です。

自分のQRコードを作成する

まずは自分のQRコードを作成します。画面左上のプロフィールアイコンをタップするか、画面左端を右にスワイプして左サイドメニューを開きます。
ツイッターの左サイドメニューを開く

今度は右下にあるQRコードのアイコンが表示されていますので、それをタップします。
QRコードアイコンをタップ

QRコードを共有する

そうするとこんな風に自分のQRコードが表示されますが、画面右上の共有アイコンをタップします。
共有ボタンをタップ

そうしたらメニューが表示されますので「共有する」をタップします。
QRコードを共有

こんな風にアプリが一覧が表示されますので「LINE」を選択します。LINEのアプリが表示されていない場合には「その他」から選択します。ここではLINEを選択していますが、もちろんメールやFacebookでも同様の手順で選択します。
LINEで共有

友達にQRコードを写真アルバムに保存してもらう

そしたら「画像を受け取ったら写真アルバムに保存」して欲しいなどのメッセージなどを添えて送信先を選んで「送信」します。
QRコードを保存してもらう

友達にツイッターからQRコードを読み込んでもらう

ここからは、友達の操作となります。
友達に保存してもらったQRコードの画像をツイッターに読み込んでもらいます。まずは左サイドメニューを開きます。
友達のツイッターの左サイドメニュー

そしたらQRコードのアイコンをタップ。
同様にQRアイコンをタップ

友達のQRコードが表示されますが、画面を左にスワイプするか、画面右下のアイコンをタップします。
画面を左にスワイプ

そうするとQRコードの読み込み画面になりますが、画面右上の画像読み込みアイコンをタップして写真アルバムに保存したQRコードを読み込んでもらいます。
アルバムからQRコードを読み込む

するとこんな風にツイッター上のプロフィール画面が表示されますので、「フォローする」をクリックでフォローができるようになります。以上でLINEからのフォローの作業は完了です。
フォローをタップ

カメラでQRコードを読み込んでフォローする方法

今度は、お互いが近くにいる場合にカメラでQRコードを読み込んでフォローする方法を見てみましょう。LINEでQRコードによる友達追加をやったことがあるならさほど難しくはないでしょう。

お互いにQRコード画面を表示

まずは、お互いに左サイドメニューを開きます。画面左上のプロフィールアイコンをタップか、画面左端を右にスワイプ。
ツイッターの左サイドメニューを開く

今度は右下にあるQRコードのアイコンが表示されていますので、それをタップ。
QRコードアイコンをタップ

片方の人はQRコードを表示したままにする

そしたらQRコードが表示されますので片方の人はそれを表示したままにし、もう一人の人は画面を左にスワイプするか画面右下のアイコンをタップします。
QRコード画面

もう片方の人はカメラで読み込む

そしたらカメラの枠をQRコードに合わせると読み込みが開始されます。
カメラでQRコードを読み込む

上手く読み込まれるとプロフィール画面が表示されますので、「フォローする」をクリックでフォローができるようになります。
フォローをタップ

フォローされて人は自分の追加されたフォロワーからフォローするか、逆の手順で行ってください。

関連記事