ツイッターが落ちる場合の対処法

SNSツールとして人気のツイッターは、日々の改善によってユーザーが使いやすい、または使いたくなるような機能などをアップデートしています。

しかし、そのアップデートによってアプリが落ちることもあります。自分もアプリの開発に携わることがありますが、バグというのは本当に想定外の要因が絡み合って起きたり、偶然の操作によって起きたりすることもあり、それらすべてを特定して潰すのは非常に困難な作業です。

ツイッターが落ちる場合の対処法

目次

ツイッターが落ちる原因

ツイッターが落ちる原因としては、様々な事が考えられますが、以下のような事が考えられますが、これらの原因が分かっていれば、対処もできるようになります。

  • 起動、常駐しているアプリが多い事によるメモリ不足
  • 端末が古くCPUのスペック不足
  • OSによる問題
  • アプリのバグによるアップデートの不具合
  • ダウンロードの失敗

ツイッターが落ちる場合の対処法

起動、常駐しているアプリが多い事によるメモリ不足

起動しているアプリが多い場合には、アプリの様々なデータを一時的に保存しているメモリが不足して動作がもっさりと重くなることがあり、落ちることがあります。

その場合には、他のアプリを終了させることでメモリが開放されてメインのアプリの動作が安定してきます。iPhoneのアプリの終了方法は、端末のホームボタンを素早く2回押すると、アプリの一覧画面が表示されますので後は使用していないアプリを上にスワイプして終了させます。

ただ、最近のiPhoneやAndroid端末であればメモリがそれなりに積んであるので、重いゲームアプリで遊ぶ以外で動作が重くなって遅くなる可能性は低いでしょう。もし、古い端末を使っているのであれば、新しい端末に買い換えることをお薦めします。

端末が古くCPUのスペック不足

これも上記とほぼ似たような問題ですが、アプリやiPhone、Androidを動かすための頭脳とも言えるCPUが低い場合には、処理能力が追いつかないために動作がもっさりと重く不安定になり落ちる可能性が高まります。同様に最新の端末に機種変することをお薦めします。

OSによる問題

iPhoneやAndroidを動かすための端末を基本システムをOS(オペレーティングシステム)が原因であることも考えられます。

この場合には、電源ボタンを長押しして端末を再起動してみてください。

また、最新のiOSやAndroid OSも様々なバグを修正したものがアップデートされることがありますので、常にOSはアップデートすることをお薦めします。

iOSのアップデートは「設定」、「一般」、「ソフトウェアアップデート」で確認してください。

アプリのバグによるアップデートの不具合

一番可能性が高いのはアプリのバグによる不具合かもしれません。様々な検証作業を行ってリリースされたのにも関わらず、予想外の原因によってアップデートでのバグが発生することもあります。

この場合には、一度、ログアウトして、再度ログインしてみましょう。

これでもダメな場合は、一旦、アプリをアンインストールして再度インストールしてみましょう。アンインストールの方法はアプリのアイコンを長押で表示される「×」をタップです。

ダウンロードの失敗

ダウンロードが失敗する場合には、まずはネットワークの接続が良好なWi-Fi環境でダウンロード&アップデートさせてみましょう。電波が悪いとダウンロードに失敗してアップデートが進まなくなったり、最悪の場合、起動ができなくなることもあります。その場合には、一旦、アプリをアンインストールして再度インストールしてみましょう。

関連記事