機能が充実した乗り換え案内アプリ「Yahoo!乗換案内」

iOS
4.8

路線経路案内は、Yahoo!JapanのWeb版乗り換え案内で十分かなと思っていましたが、いざiPhoneのアプリ版を使ってみると凄く便利だという事に気が付きましたので紹介します。

Yahoo!乗換案内の主な特徴

Web版にはない便利な機能を備えた無料の乗り換え案内アプリ

Yahoo!乗換案内は、Safariなどのブラウザで利用できるサービスも存在していますが、Webにはないアプリの魅力として現在の電車の走行位置を確認できたりするなど、機能が充実したアプリとなっていて無料で利用できます。

効率のよい乗り換え乗車位置が分かりやすい

これもアプリの特徴となっていますが、効率のよい乗り換え位置が分かりやすく図解されていますので、やはりWeb版よりもお薦めです。

最寄り駅の電車の発車時刻カウントダウン機能

登録した最寄り駅の電車の発射までの時間をカウントダウンする機能があり、忙しいビジネスマンには便利ではないでしょうか。
また、この機能はiOS 8対応のウィジェット機能としても手軽に利用できるようになっています。

無料!今すぐアプリをダウンロード

目次

使い方の目次です。

Yahoo!乗換案内の使い方

運賃表示の選択

2014年4月1日から消費税8%が導入され、現金では10円単位、SuicaなどのICカードでは1円単位での料金になりました。
検索経路によっては、ICカードの方が安く乗れるので予め「ICカード優先」による検索設定をしておくことをお薦めします。

初めてアプリを使用する場合は「ICカード」優先を選択しておきます。

既に利用の場合は、トップ画面の「条件設定」を選択します。

続いては、種別で「ICカード優先」を選択し、忘れずに画面右上の「決定」もタップしておきます。
また検索方法の一発検索がデフォルトではナシになっていますので、「最も安い経路」に設定しておくと最安値での検索が楽になります。

路線経路検索

路線の経路検索キーワードは、履歴として残りますが削除したい場合には、左にスワイプで素早く削除することができます。

意外に便利なのがマイクでの経路検索です。
例えば、「新宿から六本木まで」のように「○○から○○まで」とマイクに向かってしゃべると結構音声を認識して結果を素早く表示してくれます。

検索結果の一覧は、画面を下にドラッグして離すと現在時刻で更新が行われます。

路線案内は地図による徒歩ルートも

便利な機能の一つに路線の案内だけではなく、徒歩ルートによる地図案内も同アプリの機能に含まれています。

少し気をつけたいのが、下記の「東京都庁」と「都庁」のように行きたい場所の検索キーワードによっては駅候補やバス候補、施設候補の表示が異なりますので、キーワードを変えたり直接住所を入れるといいでしょう。

実際の検査結果画面で「徒歩ルート」を選択します。
(この画面で左右にスワイプすると前後のルートを確認できます)

すると地図画面が表示され、そこまでのルートが表示されます。
画面左下のアイコンをタップすると現在地を表示してくれ、Yahoo!地図が入っていると画面左下に「Y!地図アプリでみる」の案内が表示され、それを選択するとさらに細かい案内でナビゲートしてくれます。

実際のYahoo!地図では、こんな風に細かく道のりを案内してくれます。
便利過ぎる世の中ですな~。

乗車ホーム・乗車位置の確認で効率のよい乗り換え

電車の乗り換えでついつい迷ってしまいそうなのが、乗車ホームです。
どのホームに乗ればいいのか、何番線に乗ればいいのかも一目で分かるようになっています。
下記の場合1番線の電車に乗ればいいというのが分かります。

また効率よく乗り換えするための電車の乗車位置も確認できますので、急いで行く必要がある場合は確認しておくといいでしょう。

乗り過ごし防止機能

乗り過ごし防止機能も充実しています。
例えば、下記のように「4駅」のアイコンをタップすると高田馬場から九段下までの各駅が表示され、オレンジ色の矢印アイコンが現在位置を表示してくれますので、現在位置を把握して乗り過ごし防止に役立ちます。
なお、時刻表による現在位置となりますので、運行状況によっては異なる場合もありますので、注意が必要です。

上記画面のアラームボタンを選択するとアラームの設定をすることができます。
1~30分の間で通知設定を行うことができ、終わったら忘れずに画面右上の「決定」ボタンをタップします。

注意したいのは、通知画面には表示されるものの、時計のアラームみたいに鳴りっぱなしではないので、居眠り時には気をつける必要があります。
時計のアラームみたいにバイブを鳴りっぱなしとかの機能が欲しいところです。

終電の確認に便利な画面メモ機能

検索した路線ルートの結果を画面メモとして撮る機能がありますが、これを利用するとよく遊びに行く場所を登録しておけば終電の確認が楽になります。

トップ画面で「現在時刻」、「終電」、「完了」を選択して検索します。

ルート一覧の中から好きなルートを選んで「画面メモアイコン」をタップして登録します。

後は、Myページのメモ・確認で確認すれば素早く終電を確認することができます。

ちなみに、上記画面のMyページの「自宅」に住所を登録しておくと、見知らぬ土地や駅から帰る時に便利です。

電車の運行状況をプッシュ通知で受け取る

しばしば路線によっては電車が遅延・運休することもあるかと思いますが、それらの情報をプッシュ通知で受け取ることができます。

メニューバーの「運行情報」をタップし、「ログイン」又は画面右上の「スマホアイコン」をタップします。

プッシュ通知を利用するためには、予めYahoo!JapanのIDを持っている必要があり、なければ案内画面に表示される新規登録で取得してログインします。

ログインが完了するとこの画面に移動しますので、「通知する」を「オン」にして、「+新規登録はこちらから」を選択します。

登録したい路線を選択するとこのように表示され登録が完了します。

特急や急行の通過駅・停車駅の確認

これも便利な機能の一つですが、路線によっては特急や急行があり、通過する駅や停車駅の確認をしたいことがあるかと思います。

その路線を登録することで簡単に確認することができます。

下記画面は、時刻表の予めYahoo! IDでログインした画面となりますが、入力欄を選択します。

結果の中から該当する路線を選択します。

これは小田急線の特急や急行が確認できる一覧ですが、サンプルで急行を選択してみます。

すると急行の停車駅がこのように一覧表示されます。
便利ですな~。

ウィジェット対応最寄り駅の発車時刻カウントダウン機能

iOS 8対応の「Yahoo!乗換案内」では、新たにウィジェット対応がなされ、最寄り駅の発車時刻カウントダウンが通知センターから手軽に確認できるようになりました。

カウントダウン機能は、トップ画面の左下にあるボタンをタップします。

初めてのアプリの場合、この画面が表示されない場合がありますので、次の画面に進んでください。

自宅及び職場の最寄り駅を選択して追加します。
完了したら「カウントダウン開始」をタップします。

実際のカウントダウン画面です。
あと何分で次の電車が発射するのかが分かって便利です。

テーマ機能を使って好きな写真を配置するとなんかオシャレな感じが出てきちゃいます。

iOS 8で対応したウィジェット機能を見てみます。
画面上部から通知センターを引っ張ってきて、「編集」を選択します。

続いては、「通勤タイマー」を選択して完了します。

するとこのように通知センターに通勤タイマーが表示され、さっと確認できるようになります。

3D Touch

iPhone 6sから搭載された機能3D Touchを使うことで、「到着地の指定」や「自宅へ帰る」のメニューを素早く行なうことができます。
やり方はホーム画面でアイコンを深く押すだけです。

URLスキーム

ランチャーアプリLaunch Center Proなどを使っている人は、こちらのURLスキームを使うことで手軽にアプリを起動させることができます。

カウントダウンタイマー用URLスキーム
yjtransit://timer

通常のアプリ用URLスキーム
yjtransit:

ざっと紹介しましたが、個人的には終電のカウントダウン機能なんかもあると嬉しいかなと思いましたが、その他にもLINEやメールでの共有機能や、iOSのカレンダーに登録できる機能も結構便利で、しかも無料なのでぜひとも使ってみてください。

iOS
4.81
無料! おすすめアプリ! 今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:Yahoo!乗換案内 無料の時刻表、運行情報、乗り換え検索アプリ
  • 販売者: Yahoo Japan Corp.
  • 価格(掲載時): 0円
  • アプリサイズ:15.9MB
  • バージョン(掲載時):3.8.0