YouTubeで再生できない場合の対処法

日々、何かしらのYouTube動画をPCで再生している今日この頃ですが、ふとiPhoneのYouTubeアプリで見ようと思って動画を再生させようとするも、ストリーミングによるデータ受信はできているものの、まったくもってその先から動画が再生されず、あれこれと対処した方法をメモっておきたいと思います。

Wi-FiとLTE、3Gを切り替えてみる

パケットによる制限もあることを考えるとYouTubeの動画を再生する時には、Wi-Fiのある場所で再生をするようにしているのですが、まずはそれをチェック。
Wi-Fiは人数にもよりますが、複数の人が接続すればするほど遅くなる場合があります。

その場合には、一旦、Wi-FiをオフにしてLTE接続に切り替えてみましょう。LTE接続でつながるようなら、Wi-Fi接続に問題があるので時間を置いて接続してみましょう。また、逆にLTEが接続しづらい場合には、Wi-Fiをオンにして再生できるかを試してみましょう。
Wi-FIを切り替えてYouTubeを再生してみる

アプリを切って再起動してみる

続いては、アプリを切って再起動してみる方法です。
アプリの不具合やアップデートがうまくいかずに再生できない可能性があるかもしれません。その場合には一旦、アプリを切って再起動してみましょう。

アプリの切り方はホームボタンをダブルタップするか、iPhone6s以降なら画面左端を3D Touchするとマルチタスク画面に切り替わりますので、後はYouTubeのアプリを上にスワイプして切って再起動します。
アプリを切って再起動してみる

続きを読む

ログアウト、再ログインしてみる

ログインした状態で使っていて再生できないとなると、アプリの不具合である可能性があると考えてしまいますが、一旦、設定からログアウトした状態で使ってみたり、再ログインをしてみましょう。
youtubeをログアウト、再ログインしてみる

iPhoneの本体を再起動してみる

様々なアプリを使っていたり、長時間使用すると不安定になることがあるかもしれません。
その場合には、iPhoneの本体そのものの電源を切って再起動してみましょう。

アプリを削除して再インストールする

たまに見かけるのが、アプリのアップデートでアプリが正常に動作しなくなることがあります。その場合には、一旦アプリを削除してアンインストールしてから、再度インストールしてみましょう。大抵の場合は、これでうまくいくことが多いです。

パケット制限に引っかかっていないかを確認する

パケット制限に引っかかっていると速度制限がかかり、データ受信がまともにできない場合もありますので、Wi-Fi環境で接続するかあきらめて速度制限が解除されるまで待ちましょう。

Wi-Fiルーターを再起動する

ネットがうまくつながらない不安定な場合は、Wi-Fiルーターそのものの電源を切って再起動してみましょう。

ざっと対処法を記したのですが、これらの方法でうまくいかない場合は完全にアプリ側の不具合だと考えていいでしょう。
その場合には、サポートに連絡するなりして聞いてみるのがいいでしょう。